FIAS 100/FIAS 400 フローインジェクション装置 - PerkinElmer Japan

FIAS 100/FIAS 400 フローインジェクション装置


サンプルと試薬を水溶液キャリアー(流れ)の中で反応させ、目的成分を分離します。干渉の少ない分析結果が得られます。

 

特長

  • 原子吸光分析装置、ICP発光分光分析装置、ICP質量分析装置にリンクして、高感度、高S/N分析
  • 化学干渉から完全に分離、分析感度と再現性が向上、分析時間の短縮(180検体/時間)、サンプル量の低減。
  • オートサンプラーにより、全自動分析対応。
  • 水素化物発生法の場合、Hg、As、Se、Sb、Te、Bi、Snの検出下限は0.1ppb以下を達成。
  • 水銀/水素化物発生法、前濃縮法、希釈、試薬添加、化学形態分離などに対応。
  • フローインジェクション-フレーム分析では、µLオーダーのサンプル量でも分析可能。
  • フローインジェクション-ファーネス(THGA)分析ではオンライン超微量分析が可能。

 

仕様

装置仕様
ポンプ 4チャンネルペリスタルティックポンプ(FIAS 100)
8チャンネルペリスタルティックポンプ(FIAS 400)
(回転数:20~120回転/分)
ガス供給 40-250mL/分 フローメーター制御
(入力圧力 3.2~4.0kg/cm2)
セル加熱 空気-アセチレンフレームまたは電気加熱炉
(100-1000℃)
電源 115VAC or 230VAC ±10%、50/60 Hz±1%、750VA max
重量 11.2kg
サイズ W420×H260×D410mm

 

アプリケーション例

  • FIAS-PinAAcle原子吸光システム水素化物/冷蒸気原子吸光法による環境水中のAs・Se・Hgの測定