標識試薬 | in vivo イメージング試薬 - PerkinElmer Japan

標識試薬

生体(in vivo)イメージングを目的とした本製品の販売は、 住商ファーマインターナショナル株式会社の取扱となります。 詳細は住商ファーマインターナショナル株式会社にお問い合わせください。
(お問い合わせはこちら)

 

任意の抗体を始めとしたタンパク質・ペプチド等を標識し、イメージング試薬の作成に用います。架橋に用いる官能基の種類や、蛍光特性・クリアランス時間・物質特性に基づき使い分けることができます。低分子蛍光物質およびナノ粒子から適切なものを選択できます。

  • 多様なin vitroin vivo イメージングに使用可能
    生体内蛍光顕微鏡、FMT蛍光トモグラフィー、FACS、落射蛍光in vivoイメージング、蛍光顕微鏡など
  • 半減期が長く、蛍光が強い色素の開発により、利便性が向上
  • in vivo イメージングに最適な化学特性
    低細胞障害性、体内分布特性、高機能
  • カスタム標識
    NHSエステルまたは EDC カルボキシル化
    種々の蛍光色素
  • 低細胞障害性
    ナノ粒子とRAW264 細胞を24時間 インキュベートし検証
  • 投与量に応じたナノ粒子の、細胞質・核内への取り込み

近赤外蛍光イメージング試薬は、2021年9月から、IVISenseとブランド・製品名が変更になりました。製品の仕様・製造方法に変更はございません。

 

製品一覧

製品名 旧製品名 特性 製品番号 数量
IVISense 680 NHS Fluorescent Self-Quenching Dye VivoTag-S80 NHSエステルリンクによるアミン反応性蛍光色素、吸光度波長のシフトによるクエンチがある。 NEV10121 1 mg
IVISense 680 NHS Fluorescent Self-Quenching Dye NEV10122 5 mg
IVISense 750 NHS Fluorescent Self-Quenching Dye VivoTag-S50 NEV10123 1 mg
IVISense 750 NHS Fluorescent Self-Quenching Dye NEV10124 5 mg
IVISense 750 MAL Fluorescent Self-Quenching Dye VivoTag-S750 MAL マレイミド基によるシステインなどチオール基反応性蛍光色素、吸光度波長のシフトによるクエンチがある。 NEV11223 1 mg
IVISense 750 MAL Fluorescent Self-Quenching Dye NEV11224 5 mg
IVISense 645 NHS Fluorescent Dye VivoTag 645 NHSエステルによるアミン反応性蛍光色素。 NEV11173 1 mg
IVISense 645 NHS Fluorescent Dye NEV11174 5 mg
IVISense 645 MAL Fluorescent Dye VivoTag 645 MAL マレイミド基によるシステインなどチオール基反応性蛍光色素。 NEV11273 1 mg
IVISense 645 MAL Fluorescent Dye NEV11274 5 mg
IVISense 680 MAL Fluorescent Dye VivoTag 680 XL-MAL マレイミド基によるシステインなどチオール基反応性蛍光色素、VivoTag-Sに比べ、吸光度波長のシフトによるクエンチは弱い。 NEV11219 1 mg
IVISense 680 MAL Fluorescent Dye NEV11220 5 mg
IVISense 680 NHS Fluorescent Dye VivoTag 680 XL VivoTag-Sに比較し、低度の吸光度波長のシフトによるクエンチがある。 NEV11119 1 mg
IVISense 680 NHS Fluorescent Dye NEV11120 5 mg
IVISense 800 NHS Fluorescent Dye VivoTag 800 NHSエステルリンクによるアミン反応性蛍光色素。 NEV11107 1 mg
IVISense 800 NHS Fluorescent Dye NEV11108 5 mg