環境分析 - PerkinElmer Japan

環境分析

環境汚染物質の分析は困難な場合があります。新たな汚染物質、困難なマトリックスの分析、絶え間なく変化する規制、ますます厳しくなる規制の制限により、ラボの試験機能は迅速でなければなりません。確立されたテストラボ、新興企業、政府機関、およびそれぞれの組織には、次のタスクが課せられます。

  • 最適な稼働時間でスループットを最大化
  • コンプライアンスの維持
  • 装置をすばやく稼働させる
  • 使用率の最適化

分析機器、消耗品から独自の OneSource サービスとサポートに至るまで、当社のソリューションは、厳格な要求を持つ新しく進化する規制ルールに対応するのに役立ちます。各国の機関と協力して、既存の汚染物質と新たな汚染物質の分析手法を開発し、プロトコルを監視します。当社の技術と専門知識により、有害な汚染物質をより低コストでより正確に迅速に特定できるようになります。

飲料水分析における革新

水が限られた資源である以上、工夫が不可欠です。OCWD(Orange County Water District)は、コミュニティの持続可能性を支援するために革新的であることが高く評価されています。 OCWD は、隣接するオレンジ郡衛生地区から排水を受け取り、飲料水基準に合わせて処理します。PerkinElmer 社製 NexION 2000 ICP-MS を使用して 500 種類のテストをし、規制されていない汚染物質を監視ルール(UCMR)プログラムで参加する唯一の公的研究所の 1 つとして認可されています。
OCWD の監修化学者である Melissa Hill は、OCWD で行われている革新的な飲料水の資源管理と処理作業に関する彼女の洞察と、PerkinElmer チームがオレンジカウンティにきれいな飲料水を届けるのをどのように支援しているかを共有します。