PerkinElmer Japan Talk - PerkinElmer Japan

PerkinElmer Japan Talk

弊社の新製品、アプリケーションノート、展示情報等を三か月に一度お知らせする情報紙「PerkinElmer Japan Talk」を刊行しております。
気になる内容はこちらからダウンロードもできますので、是非ご覧ください。

 

October 2017 Vol.1 No.5 (2017.10.10更新)
すべて表示

JASIS 2017出展報告

先月の9月6日から3日間に渡り、幕張メッセ国際展示場で開催されたアジア最大級の分析・科学機器専門展示会JASIS 2017 (Japan Analytical Scientific Instruments Show)に出展いたしました。
約500社が展示を行い、350テーマの新技術説明会、コンファレンスは50セッションを行われるなど、最新の分析技術動向に触れる絶好の場として、多数のお客様が来場されておりました。

弊社のブースでは、今回は新製品2機種を含む全部で19機種の装置の展示を行いました。立ち寄ったお客様は、装置をご覧になりプロダクトスペシャリスト達に熱心に質問をされておられる姿がそこかしこで見られました。
JASISのような展示会の良いところは、実際に装置を見ることができ、その場で質問が解消できるところだと思います。
新しい情報を得て、満足そうに帰って行かれるのを見ると出展者としても、喜ばしく、来年もまた新しい情報をご提供できるように準備したいと思っております。来年も是非お立ち寄りください。


Avio 500
ICP発光分光分析装置

Nivo
マルチモードプレートリーダー

本カタログをご希望の場合は、カタログ請求フォームよりお願いいたします。

 

Stories : インディ500:パーキンエルマーはその速度と厳しい公平性を守ります。

「ドライバー諸君、エンジンをかけてください」
この有名な言葉がメモリアルデイに何百万人ものレースファンに放映された時が、101回目のインディ500レースが始まる合図です。ピカピカの車達は有名な「ブリックヤード」を最初に越えるために、楕円形のコースを200回も時速386kmで周回する必要があるのです。それをこなすためには信じられないような量の技術、スタミナ、チームワーク、決断力・・・・そして燃料を消費します。
60年代後半からINDYCARレースの公式分析装置として、そして承認スポンサーとしてパーキンエルマー社の移動燃料分析チームがINDYCAR17レース全ての燃料サンプルの分析を行っています。現況では、 Clarus® 580 GC (ガスクロマトグラフィー)に 熱伝導度検出器 (TCD)を搭載したシステムが移動ラボのINDYCARのセミトラクターに搭載されています。。

 

続きはこちらから

 

分析機器 最新アプリケーションノートのご紹介

お客様情報をご入力いただくとご希望のアプリケーションノートを送付させていただきます。

冶金サンプル中の微量元素分析に
Avio 500 ICP-OESを用いた分解能で分離困難な冶金サンプルにおける多成分スペクトルフィッティング法の適用

ICP-OES が冶金サンプル中の微量元素分析において、特別なサンプル導入系やマトリックス分離作業が必要なく、サンプル前処理の高いスキルを必要としない普及した分析手法の1 つで、最小の希釈倍率で測定する際に高濃度に含まれるマトリックス元素を含む冶金サンプル分析においても有効であることをご紹介します。
高TDSサンプル測定に
NexION ICP-MS用高マトリックス対応サンプル導入システム All Matrix Solution (AMS)

環境試料やその他の高TDS サンプルを最小限の希釈で測定するために、パーキンエルマーはAll Matrix Solution(AMS) サンプル導入システムをご提案します。AMS の利点としては、汚染の可能性と希釈エラーを防げることが挙げられます。希釈の必要が無いサンプルを測定する場合は、ガス配管はそのままで、希釈ガスを流さずに測定することができます。本システムはNexION 2000、350、300 シリーズに対応しています。

現場での揮発性有機化合物の測定に
SPME-Torion® T-9 ポータブルGC/MSを用いた水中の揮発性有機化合物の測定

本邦では固相マイクロ抽出(SPME)-Torion® T-9 ポータブルGC/MS での地下水源の揮発性有機化合物、環境規制物質25種類を含む水から、膜厚65 μm、ジビニルベンゼン/ ポリジメチルシロキサン(DVB/PDMS) のファイバーを用いて、VOCを抽出の分析測定をご紹介します。

熱可塑性の測定に
等温結晶化を用いた射出成形ポリマーの改良

高速昇降温可能な入力補償DSC 8500 を用い、標準的なDSCの加熱や冷却だけでは品質の良否を示さず、等温結晶化を実施することで良品・不良品の材料特性のわずかな違いを判断できる方法をご紹介します。

技術資料送付請求はこちらから

 

Rent-Alpha  Alpha測定機貸出プラン

まぜるだけのアッセイAlphaテクノロジーの試薬ご購入量に応じ、測定機を一定期間貸出いたします。

プラン内容

詳しくはこちら

 

時代とニーズにフィットした性能・機能・コンセプト

  • どこでも設置可能なスモールコンパクトサイズ
  • 一台で最大5種類の測定モードを搭載
  • あらゆる測定波長に対応可能な32枚フィルターホイールシステム
  • スペクトルメーターやディスペンサーなど豊富なオプション
  • 費用対効果抜群の高感度仕様(同価格帯製品随一の感度)
  • いつでも、だれでも簡単アクセス、リモートコントロールシステム
  • OSに依存しないライセンスフリーのコントロールソフト

Nivo 製品ご紹介ページはこちら

本製品のお問い合わせはWeb窓口またはライフサイエンス営業本部(tel:03-3866-2647)まで