LC分析(液体クロマトグラフ、HPLC, UHPLC) - PerkinElmer Japan

LC分析(液体クロマトグラフ、HPLC, UHPLC)

LC分析には逆相、順相、イオン交換、GPC等の様々な分離モードがあり汎用の分析方法として広く普及しています。その中で最も普及しているのが逆相分析です。逆相分析における分析対象成分の保持・選択性は、主にカラムケミストリーおよび移動相pHと移動相有機溶媒の3つのパラメータに影響します。これらのパラメータを調整することで多彩な分離パターンの実現が可能となります。
パーキンエルマーより新たに発売された革新的なLCは逆相を中心とした最新LCソリューションの提供を可能としました。


Flexar シリーズ 液体クロマトグラフ

優れた安定性で、精度の高い結果が得られます。
従来型の液体クロマトグラフ(HPLC) と高性能タイプの UHPLC があり、広い用途に用いることができ、ラボの分析をサポートします。

 

 

QSight シリーズ トリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析計

QSight トリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析計は、セルフクリーニングソース機能を備えており、計画的なクリーニングやメンテナンスは不要です。さらに、QSight は、感度が高く再現性の高い装置で精度の高い結果を供給します。生産性が高く、簡単に使用できる Qsight は皆様に時間を供給します。

 

 

Brownlee SPP Column

  • Brownlee SPP Column
    HPLCカラム & UHPLCカラム

    Brownlee SPP Column はコアシェルカラムの新スタンダードとして登場しました。
    卓越したパフォーマンスを有する Brownlee SPP Column は、従来のHPLC&UHPLC カラムでは到達できない分析メソッドを提供可能な新テクノロジーLCカラムです。
 

Supra-Poly SPE Column

  • Supra-Poly SPE Column
    固相抽出(SPE)カラム

    LCにおける夾雑成分出現による定量値の再現性低下や、LC/MS(MS) における試料マトリクス成分によるイオン化抑制等のトラブルを回避するためには、固相抽出(SPE)による前処理は重要です。
    Supra-poly SPE Column は最先端のポリマー型SPEカラムとして登場し、従来のポリマー型SPEカラムに比較して再現性や回収率等において優れたパフォーマンスを実現します。

LC&LC/MS(MS)用バイアル

  • LC & LC/MS(MS)用バイアル

    寸法規格が厳格に管理され溶出物と分析成分の吸着を極小化したパーキンエルマーのLC&LC/MS(MS)用バイアルは、すべてのHPLCとUHPLCに使用可能なコンパチブル高品質バイアルです。
    パーキンエルマーのLC&LC/MS(MS)用バイアルは、分析精度の低減を気にせず長期に安定的に使用できる高性能バイアルです。