QSight LC/MS/MS トリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析計 - PerkinElmer Japan
Coming Soon...

QSight トリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析計

デュアルイオンソース

このシステムのデュアルソース技術には、2種類のイオン源を常時取り付け可能にし、ESI/ESI、ESI/APCI、APCI/APCIなどを組み合わることができます。イオン源を付け替えることなく、独立した2種類のイオン源によりESI またはAPCI モードを使用できます。

 

 

Hot Surface Induced Desolvation(HSID)

独自のStayClean™ 技術の高温面誘発脱溶媒(HSID™)は、高温ガスを高速で流すことで、イオンやクラスタのほとんどが側壁に当たらないようにバリアを形成し、より多くのイオンをMS内部へ運ぶことができます。また洗浄剤としての役目を果たしており、どんな堆積物でも洗い流します。

 

 

比類なき高い再現性

汚れたサンプルの分析において、長期間連続稼働させても高い再現性を供給します。以下は牛乳から抽出したサルファメタジンを、6日間連続分析した結果で、高い再現性を示しています。

 

クロストークの削減

Q2を特殊形状にすることで、CID効率を高め、電位を調整することでクロストークを削減しました。

 

UniField Detector

QSight の UniField Detector™ は、陽イオンを引き付けるための高エネルギーダイノードにより、陽イオンをダイノードに衝突させて電子を生成します。高電圧スイッチングを必要とせずに正と負のイオンをほぼ同時に検出できます。極性の切り替えは、検出器ではなく、イオン源とイオンパスの極性切り替えだけで制御され、高速切替のためより多くのデータを取得することができます。