株式会社パーキンエルマージャパン

Current Feature

分析屋さんが言いたがらない 分析のテクニックあれこれ

ICP質量分析装置でナノ粒子の粒度分布の測定ができる? - ICP-MSラボのあれこれ

2020.7.21更新

現在、様々な分野で金属ナノ粒子を用いた研究開発が盛んにおこなわれています。その物性にはナノ粒子の粒径が大きく関与し、一方で、環境への放出による環境汚染、人体への影響等が問題視されています。そのようなことから、ナノ粒子の粒径や濃度を管理することが重要になります。
ICP質量分析装置でナノ粒子の粒度分布どう測定するのかご紹介します。

その他のブログはこちらから >


半導体・エレクトロニクス オンデマンド e-ライブラリー

NexION 5000は、真のトリプル四重極を搭載した初めてのマルチ四重極ICP-MSシステムです。半導体業界等で要求される厳しい微量元素分析ニーズ対して、NexION5000 に搭載された 4 つの四重極の機能やこの機能を利用した応用例と有用性について「オンデマンドe-ライブラリー」をご用意致しました。高分解能形ICP-MSや従来のトリプル四重極ICP-MSを超えて、卓越したバックグラウンド相当濃度 (BEC) と優れた安定性を提供します。
従来のICP-MSを超えるこの性能をぜひ体験してく ださい。​


ナノ粒子分析・シングルセル分析

最先端の技術であるナノテクノロジーは、急速に成長しています。またライフサイエンスの領域では、一細胞単位でのシングルセル解析技術に大きな注目が集まっています。
NexION 2000はこれらのナノマテリアルや単一細胞の分析を行うために必要な要件を満たしており、新たなアプリケーションニーズに貢献します。​