ICP発光分光分析装置

革新的なプラズマ誘導プレートを採用したRFジェネレーターを搭載し、ランニングコストの大幅削減と卓越した検出下限値を実現した新世代ICP発光分光分析装置です。大変好評頂いた全波長同時測定を可能にしたUDAテクノロジーを前シリーズより継承したハイエンドモデルからスキャニングCCD方式のハイブリッドICPまで、PerkinElmerのICP-OESはすべてのお客様のニーズにお応えします。


ICP発光分光分析装置 ラインナップ

ICP発光分光分析装置
  • Avio 200 ICP発光分光分析装置
 
 

縦型デュアルビューオプティカルデザインと独自の機能により、分析の難しい高マトリックスサンプルも扱えるこれまでにないパフォーマンスとフレキシビリティーを兼ね備えたICP-OESです。非常にコンパクトでありながら、効率的な運用、信頼度の高いデータの取得、ランニングコストの低減化が可能です。

 

Optima8x00シリーズ

工場出荷台数20,000台にせまる勢いで、世界中の研究者およびQC担当者から支持されているICPのベストセラーシリーズです。感度、分解能、分析スピード、メンテナンス性、そしてランニングコスト、どれを比較しても他のICPを凌駕しています。サービスおよびアプリケーションも充実しており、ご購入後のサポートも業界トップクラスの評価を頂いています。

 

サンプル前処理システム

無機分析はサンプルの前処理が分析の効率化に大きく影響を及ぼします。また、微量成分分析においては、前処理を自動化することによりサンプルが汚染されるのを防ぐことが可能です。前処理から分析までパーキンエルマーならではのソリューションを提供します。


サンプル前処理システム ラインナップ

マイクロウェーブ試料前処理システム
 
フローインジェクションシステム
  • Titan MPS マイクロウェーブ試料前処理システム New
 

Titan MPS

樹脂や食品をはじめとする有機物、また、金属や金属酸化物のような無機物など、さまざまな試料を効率よく分解します。試料の分解効率が向上しただけではなく、コンタミネーション、操作性、安全性そしてランニングコストといった点においても高効率を実現しました。

 

FIAS 100/FIAS 400

原子吸光、ICP発光、ICP-MSに接続してフルPCコントロールが可能です。水素化物法、希釈、試薬添加、カラム分離分析など様々なアプリケーションに対応しています。

 

自動分注ロボットシステム
 
 

JANUSシリーズ

原子吸光、ICP発光、ICP-MSなどの、溶液分析では必ず試料および試薬の調製が必要になります。JANUSでは希釈、分取、試薬添加などの分注作業を自動化することが可能です。お客様の分析ニーズにあわせてカスタマイズすることが可能です。