Volocity Acquisition 顕微鏡の操作を可能にするハードウェア制御ソフトウェア - PerkinElmer Japan

Volocity Acquisition 顕微鏡の操作を可能にするハードウェア制御ソフトウェア

Volocity Acquisition

集約されたシンプルな操作パネル(右)で、顕微鏡を簡単操作。顕微鏡の操作も短時間で習得可能に。

顕微鏡からイメージ解析まで

Volocity Acquisitionは、高速3Dイメージングのために開発された顕微鏡をコントロールするソフトウェアです。各社顕微鏡のみならず、カメラ、シャッター、ピエゾドライブ等のハードウェアコントロールをサポートしているため、研究者の求める最適なハードウェアの組み合わせでのイメージングを実現します。Volocity Acquisitionが対応しているハードウェアの詳細は、弊社サポートにご相談いただくか、Volocity Technical Note No.417 をご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

■特長

  • 直感的にコントロールできるようにデザインされたインターフェイス
  • カメラ、シャッター、レーザー、ピエゾドライブ等様々なハードウェアのコントロールをサポート
  • タイムラプス撮影中でもイメージの取得後すぐに画像を確認できる並行処理機能
  • Macからの顕微鏡操作も可能に

 

 

↑→撮影中でも取得イメージの
確認が可能

シンプルなインターフェイスで顕微鏡操作を直感的に
  • 集約されたシンプルな操作パネル
  • Macからの顕微鏡コントロールも実現

 

タイムラプスイメージング
  • 撮影とデータプロセッシングを並行して行うため、撮影中でも取得イメージを確認することが可能

 

撮影ポジション、ウェルオーバーレイ
  • XYステージを搭載の顕微鏡と組み合わせることで、サンプルの撮影位置を記憶させ長時間の撮影も実現
  • マイクロタイタープレートのウェル全体を撮影することが可能
  • 長期間の経時変化やウェル全体を俯瞰

 

FRAP、Ratio解析
  • FRAPプラグイン、RatioプラグインとVolocity Quantitationと組み合わせることで、FRAP解析とRatio解析も可能になります。 さらに詳しい説明はこちらをご覧ください(英語)

 

Volocityは、4つのソフトウェアから構成されています。目的に応じたソフトウェアを組み合わせてご利用いただけます。
  • Visualization: 3Dレンダリング、プレゼンテーション用ソフトウェア
  • Quantitation: 3D、3Dタイムラプスイメージの画像解析、定量、トラッキングなどを行う定量解析ソフトウェア
  • Restoration: デコンボリューションソフトウェア
  • Acquisition: 顕微鏡の操作を可能にするハードウェア制御ソフトウェア