AlphaLISA - C-peptide Immunoassay kit - PerkinElmer Japan

C-peptide Immunoassay kit

成熟C-ペプチド(conecting peptide)は、31個のアミノ酸(3.2 kDa)から成るペプチドで、プロインスリンのタンパク質プロセシングによって産生されます。マウスやラットでは、2つまたは3つのアミノ酸残基が異なるC-ペプチド(アイソフォーム1および2)が存在します。C-ペプチドは、GPCRを介しCa2+依存性の細胞内シグナルパスウェイを活性化、結果としてNa+/K+ ATPaseとeNOSの両方を活性化します。C-ペプチドとインスリンは、ランゲルハンス島の膵β細胞により血流内で共に等モル量分泌されます。しかし、C-ペプチドは血液内でインスリンより半減期が33分長く、内在性インスリン産生のよい指標となっています。内在性C-ペプチドの欠損は、タイプ1糖尿病患者において、長期の神経・腎臓・網膜微小血管合併症の発生に関与します。C-ペプチドは糖尿病の長期合併症を防ぐことが可能な治療法として考えられています。

AlphLISA C-ペプチドアッセイキットは、血清または細胞培養液中のヒトあるいはマウス・ラットC-ペプチドを定量するためにデザインされています。

 

測定感度・範囲

ヒト C-ペプチドキット:
Lower detection limit in buffer: 23.5 pg/mL
Lower detection limit in serum: 31.4 pg/mL
Higher detection limit: 30,000 pg/mL

マウス/ラット C-ペプチドキット:
Lower detection limit in buffer: 11.1 pg/mL
Lower detection limit in serum: 30.1 pg/mL
Higher detection limit: 30,000 pg/mL 

 

キット内容物
  • AlphaLISA Acceptor beads coated with Anti-Analyte Antibody 1
  • Streptavidin-coated Donor beads
  • Biotinylated Anti-Analyte Antibody 2
  • Lyophilized analyte
  • AlphaLISA immunoassay buffer (10X)

*Lyophilized analyte および Buffer は別途購入も可能です。

製品名 パッケージ 製品コード
Human C-peptide immunoassay kit 500 assay points*
5,000 assay points*
AL299C
AL299F
Human C-peptide, lyophylized 0.1 µg AL299S
Mouse/Rat C-peptide immunoassay kit 500 assay points*
5,000 assay points*
AL510C
AL510F
Rat C-peptide, lyophylized 0.1 µg AL510S
AlphaLISA immunoassay buffer, 10X 10 mL
100 mL
AL000C
AL000F

* 1 assay pointsは、推奨の試薬量(サンプル 5µl, トータルボリューム 50µl)で使用した場合の1ウェル分に相当します。