ATPlite 3D 3次元培養細胞・毒性/増殖アッセイ - PerkinElmer Japan

ATPlite 3D 3次元培養細胞・毒性/増殖アッセイ

ATPlite 3D、あるいは ATPlite 1step 3Dは、3 次元培養されたスフェロイドの細胞増殖および細胞毒性を、ATPを定量することによって測定するキットです。ATPの定量にはホタルルシフェラーゼを用います。このキットのプロトコールは、3 次元培養後、形成されたスフェロイドに対して最適化されています。

アッセイは、3 次元培養専用マイクロプレートに培養したスフェロイドに、細胞溶解液・基質溶液を加え、インキュベート・細胞を溶解後、発光アッセイ用マイクロプレートに移して測定します。


※画像をクリックすると拡大表示されます

特長

  • 少ないばらつき
    Cell Type Assay S/B %CV z'
    Staurosporine
    + -
    HeLa ATPlite 3D 125 20.1 7.0 0.78
    ATPlite 1 step 3D 94 37.2 8.8 0.72
    Competitor 183 40.5 13.6 0.58
    DU145 ATPlite 3D 26 16 9.7 0.68
    ATPlite 1 step 3D 14 14.2 5.8 0.78
    Competitor 30 27.7 10.9 0.63
    それぞれ 1000 cells/wellをCellCarrier-96 ULA plateに播種し、22 時間培養・スフェロイド形成を確認後、アッセイを行いました。
  • 長時間(半減期 約5時間)にわたるグロー発光(ATPlite 3D)
  • 別工程の細胞溶解ステップが、細胞の溶解を確実に(ATPlite 3D)
  • 迅速なMix & Measureのホモジニアスアッセイ
    ATPlite 3D : 40 - 50 分
    ATPlite 1 step 3D : 25 - 30 分
  • 高感度で広いダイナミックレンジ(200~5000 cells)を持つ
  • DTTフリー
  • 3 次元培養専用マイクロプレート・発光アッセイ用マイクロプレートもキットに付属

製品リスト

製品名 品番 数量 アッセイ数*
出荷
温度
保存
温度
96-well 384-well 1536-well
ATPlite 3D 6066943 20 x 2 mL 360 1500 13000 常温 +4 ℃
ATPlite 1step 3D 6066736 10 mL 100 400 3300 常温 +4 ℃

*推奨アッセイ量は、96ウェルプレートで100 µL、384ウェルプレートで25 µL、1536ウェルプレートで3 µLです。

キット内容

ATPlite 3D

  • 1 x mammalian cell lysis solution
  • 1 x substrate buffer solution
  • substrate (Luciferase/Luciferin) solution
  • ATP standard (lyophilized)
  • CellCarrier Spheroid ULA 96-well microplate (1枚)
  • OptiPlate-96 HS (1枚)
  • TopSeal-A (4枚)

ATPlite 1step 3D

  • 1 x substratte buffer solution
  • substrate (Luciferase/Luciferin) solution
  • ATP standard (lyophilized)
  • CellCarrier Spheroid ULA 96-well microplate (1枚)
  • OptiPlate-96 HS (1枚)
  • TopSeal-A (4枚)