LANCE Ultra cAMP Kit - PerkinElmer Japan

LANCE™ Ultra cAMP Kit

原理

LANCE cAMPキットは、アゴニスト/ アンタゴニストによるGs/Gi共役型受容体への刺激によって、細胞内で産生されるcAMP量を測定します。
アッセイは、ユーロピウムキレート標識cAMPトレーサーと、サンプル中のcAMPの、ULight標識抗cAMPモノクローナル抗体に対する結合の競合反応です。cAMP非存在下では、最大のTR-FRETシグナルが得られ(図左)、一方で、細胞が刺激を受けcAMPが産生されると、Eu-cAMPトレーサーと抗体の結合が競合阻害され、TR-FRETシグナルが低下します(図右)。
サンプルとしては、細胞だけでなく、膜画分を用いることも可能です。

LANCE Ultra cAMPアッセイの原理
図.LANCE™ Ultra cAMP アッセイの原理

 

特長

高感度・高いS/B比

  • 独自の抗cAMPモノクローナル抗体を使用しました。
  • 1ウェルあたりの細胞数を、さらに低減できます。
  • 内在性GPCRの応答や、Gαi共役型GPCRのアンタゴニストアッセイも、高いS/B比で行うことができます。

高いZ'値

  • ミニチュア化も可能、1536-wellフォーマットにも対応します。
  • オーバーナイトインキュベーションでもシグナルが低下しません。

 

cAMPスタンダードカーブ
Max counts Min counts S/B IC50 (nM)
LANCE Ultar (1hr) 27275 330 82.7 1.60
LANCE Ultra (O/N) 26380 314 84.0 1.58
Company C (1hr) 3295 171 19.3 4.83
Company C (O/N) 2353 156 15.1 4.02

cAMPスタンダードカーブ

インキュベーション1時間あるいはO/N後、TR-FRETレーザーオプション付きEnVisionを用いて測定しました。

 

アッセイ例

LANCE Ultra cAMP アッセイを行うにあたって、kitのマニュアルと、アッセイセットアップガイドをご覧ください。

SK-N-MC細胞内在Gαs共役型β-adrenergic receptorのアゴニスト応答(2,000 cells/ well)

Gαi共役型CXCR3発現CHO細胞のアゴニスト応答(2,000 cells/ well)

Gαi共役型hCB1発現CHO細胞のアンタゴニスト応答(cAMPZen, Cat# ES-110-CF; 2,500 cells/ well)

Gαi共役型5-HT1A発現CHO細胞のアンタゴニスト応答 (1,000 cells/ well)

 

製品名 品番 数量
LANCE Ultra cAMP Kit TRF0262
TRF0263
TRF0264
1,000 assay points
10,000 assay points
50,000 assay points