ヘリウムガスの供給不足に関するご提案

ヘリウムガスの供給不足に関するご提案

ここ数年、世界的にヘリウムガスの供給が困難な状況にあり、安定してヘリウムガスを使用することが、難しくなっています。
パーキンエルマーでは、ICP-MS、GCにおける代替案をご用意しております。GCに関しては近日中に公開予定です。

 

ICP質量分析法におけるヘリウムガスの供給不足に関するご提案

ICP質量分析法におけるスペクトル干渉の除去を目的としたコリジョン法には主にヘリウムガスが用いられます。
パーキンエルマージャパンでは、いち早くこの問題に対して、対策を取り、2019年9月に開催された日本分析化学会にて、ヘリウムガスの代替えとしてネオンガスによるコリジョン法について発表し、論文にも投稿しました。(産業技術総合研究所、関西学院大学との共同研究)

Application of neon as a collision gas – a cell gas index for collision/reaction cell-ICP-MS determination
T. Narukawa, O. Shikino and K. Chiba, J. Anal. At. Spectrom., 2020, 35, 2142–2147

 

この内容は、弊社ホームページのラボブログでも一部内容を紹介していますので、ご参照ください。
ICP-MSラボのあれこれ「コリジョンガスに用いるヘリウムガスの代替えは無いの?

 

また、パーキンエルマーのICP-MSでは、ヘリウムガスによるコリジョン法以外に、メタンガスやアンモニアガス、酸素ガスなどを用いたリアクション法を用いることもできます。
リアクション法は20年以上の歴史があり、環境、金属、生体、食品、半導体などの多くの分野で、多くのユーザー様にご採用いただいております。
このようなリアクション法で用いられるガスもヘリウムガスによる希釈ガスではなく、開発当初(1999年)より、純ガス(例.100%アンモニアガス)を用いることが出来ますので、ヘリウムガス不足による影響はありません。

パーキンエルマーのICP-MSはヘリウムガスを用いなくても、純ガスを用いたリアクション法やネオンガスを用いたコリジョン法でスペクトル干渉の除去が可能です。

 

GC編 近日公開