LAMBDA 265/365/465 紫外可視分光光度計 - PerkinElmer Japan

LAMBDA 265/365/465 紫外可視分光光度計

分光光度計のパイオニアとして信頼されているラムダシリーズ紫外可視分光光度計に新しいモデルが登場しました。教育機関、分析、生化学、環境、工業や製薬などあらゆる分野に対応したハードとソフトウェアを備えています。

 

ラインナップ

ラムダ265 ダイオードアレイ紫外可視分光光度計

  • フルレンジを3秒以内に測定
  • 容易なメンテナンス、長寿命光源の採用
  • 小型で丈夫
  • 豊富なソフトウェアオプション
  • 恒温セル、反射、8セルなど豊富なオプション

 

ラムダ465 ダイオードアレイ紫外可視分光光度計

  • フルレンジを1秒以内に測定
  • 最速モードではフルレンジを20ミリ秒で測定
  • 広い試料室でサンプルへのアクセスが容易
  • 豊富なソフトウェアオプション
  • 恒温セル、反射、8セルなど豊富なオプション
  • 21CFR11対応

 

ラムダ365 ダブルビーム紫外可視分光光度計

  • ダブルビーム光学系
  • バンド幅が可変
  • 0.02%T以下の低迷光
  • 4Absまでのダイナミックレンジ
  • 積分球、恒温セル、反射、8セルなど豊富なオプション
  • 21CFR11対応

 

仕様

ラムダ265 ラムダ365 ラムダ465
光源 キセノンフラッシュ 重水素/タングステン 重水素/タングステン
測定波長範囲 190-1100 nm 190-1100 nm 190-1100 nm
吸光度レンジ ± 3 A ± 4 A ± 3 A
迷光
(220 nm (Nal) , 340 nm (NaNO2) ,
200 nm (KCI) )
< 0.05 %T < 0.03 %T
< 1 %T
< 0.02 %T < 0.02 %T
< 1 %T
< 0.05 %T < 0.03 %T
< 1 %T
バンド幅 2 nm 0.5, 1, 2, 5, 20 nm 可変 1 nm
波長正確さ (D2 Peak, 656.1 nm) ± 1 nm ± 0.1 nm ± 0.2 nm
波長再現性 (10 回測定、656.1 nm) < 0.02 nm ± 0.1 nm < 0.02 nm
測光安定性 (1 A, 500 nm) < 0.002 A/hour < 0.0003 A/hour < 0.001 A/hour
スキャン速度 < 3 秒 1~3000 nm/min可変 < 1 秒
< 20 ミリ秒(最速)
バリデーション (USP、EP、JP対応)
シングルセルホルダ 標準付属 標準付属 標準付属
恒温水循環式シングルセル
光路長可変セルホルダ
透過測定
角度可変透過測定
フィルムホルダ
8ポジションマルチセル
恒温水循環式8ポジションマルチセル
反射アクセサリ
拡散反射アクセサリ
チューブホルダ
ペルチェ式シングルセル
ペルチェ式6ポジションセル
積分球
シッパー
ファイバープローブ
オートサンプラ
サイズ (W x D x H mm) 340 x 320 x 115 495 x 500 x 270 450 x 541 x 232
重量 7 kg 20 kg 16 kg