DMA 8000 動的粘弾性測定装置 - PerkinElmer Japan

動的粘弾性測定装置
DMA 8000

DMA 8000

超コンパクトな設計と回転する分析ヘッドにより、サンプリングが非常に簡単になりました。昇降温、シングル・マルチ周波数測定、ひずみ・応力制御測定など多彩な測定モードを選択でき、高感度な粘弾性測定を実現しました。

 

特長
  • 湿度雰囲気コントロールと浸漬測定
    湿度範囲10~80%(5~80℃)での測定と、浸漬バスによる液体中での測定が可能です。
  • 分析ヘッドが回転する、コンパクトかつユニークな設計
    分析ヘッドを回転することができるので、サンプル装着が非常に簡単になりました。
  • 6つの変形モードとそのジオメトリーオプション
    温度範囲(-190~600℃)、 周波数範囲(0~300Hz)での測定および TMA モード測定も可能です。
  • “オプティカルウィンドウズ“サンプリングアクセサリー
    “オプティカルウィンドウズ“サンプリングアクセサリーにより分子分光同時測定やサンプル状態の観察・撮影が可能であり、反応研究ができます。
  • 冷却測定が簡単
    少量の液体窒素で迅速な低温測定可能であり、AutoCryo アクセサリーやデュアを用いることで、長時間測定にも対応できます。 

 

浸漬バスアクセサリー

DMA 8000の回転ヘッドを下向きにし、アクセサリーをセットすることにより、溶液中での測定が行えます。さまざまな溶液中での測定はもちろん、サーキュレーターと接続することで溶液の温度をコントロールすことも可能です。

ゲルカプセルの溶液中測定

▲ゲルカプセルの溶液中測定

浸漬バスアクセサリー

 

水蒸気発生装置

浸漬バスと水蒸気発生装置を組み合わせることにより、湿度範囲 10~80%RH(5~80℃)で粘弾性測定を行えます。

湿度コントロール下でのパスタの測定

▲湿度コントロール下でのパスタの測定

 

水蒸気発生装置

 

マテリアルポケット

今までの DMA では測定が困難だった粉体や切れ易い試料を成形を行わず、そのままの状態で低温から高温まで簡単に安定して測定できるアクセサリーです。

  PMMAのマルチ周波数温度スキャン測定

圧力のリアルタイム表示

※シングルカンチレバーのみの使用可能  
 

 

冷却オプション

粘弾性測定において、極低温からの測定は非常に有用な手段です。DMA 8000 の構造は、低温への冷却に対して効率良く設計されていますので、冷却時間が短く、液体窒素の使用量が少量で測定をできます。したがって、測定にかかる時間の短縮やランニングコストの軽減を実現します。

 

測定開始温度 室温からの冷却時間 液体窒素使用量
-100℃ 約5分 約0.3L
-150℃ 約10分 1L以下
-190℃ 約15分 約1L
冷却オプション

冷却オプション(1Lタンク装着時)

 

仕様

温度範囲 標準ファーネス:-190~400℃
高温フォーネス:-190~600℃
浸 漬 バ ス:-196~150℃
冷却時間・液体窒素消費量 -100℃ / 5分 / 0.3L
-150℃ / 10分 / <1L
-190℃ / 15分 / <1L
周波数 範 囲:0 ~ 300Hz(試料に依存)
最大数:100
分解能:0.001Hz
動的変位 0~±1000µm
剛性範囲 2 × 102 ~ 1 × 108N/m , 分解能 2 N/m
弾性率 分解能:0.0001Pa
範 囲:103~ 1016Pa
荷重 範 囲:±10N
最 小:0.002N
分解能:0.002N
変位/ひずみ 分解能:1 nm
範 囲:±1000µm
ジオメトリーオプション シングルカンチレバー、 デュアルカンチレバー 、3点曲げ、 引張、圧縮、せん断
水蒸気発生装置(OP) 湿度範囲:5 ~ 90% (25℃)
温度範囲:5 ~80℃
オプティカルウィンドウズ 石英(400℃まで)
オプション:側面ウィンドウあるいは開口可能
サイズ 475(幅)×340(高さ)×170(奥行き)mm
重量 15kg

技術資料

  • TG-DTAに用いる新型センサー(SaTurnAセンサー)試料中の微量成分測定
  • TG-DTAにおけるマクロDTAとミクロDTA 微量成分のDTAと無機ガラスのガラス転移
  • DSCを用いたリサイクルポリマーの評価 -リサイクルPET-
  • 高分子材料の熱分析
  • TG、DSCによる硫酸銅5水和物単結晶の脱水挙動
  • DSCによるソーラーパネル中のEVA(エチレン酢酸ビニル)の硬化測定