STA 6000/8000 TG-DTA/DSC 熱重量・熱量同時測定装置 - PerkinElmer Japan

熱重量・熱量同時測定装置(TG-DTA/DSC)
STA 6000(~1000℃)
STA 8000(~1600℃)

専用に開発したSaTurnA™ センサーを採用したSTA 6000と、1600℃まで測定可能なSTA 8000は、TG-DTAあるいはTG-DSCとしての測定が可能で、リサーチからルーチンまで対応可能な汎用性に優れた熱重量-示差熱同時測定装置です。

STA6000 STA 8000
STA 6000 STA 8000

 

特長
  • STA 6000/8000 それぞれの専用のセンサーが優れた再現性と正確なDTA に導きます。
  • ファーネスの中心に位置する試料ホルダーが、均一な温度分布を生み出します。
  • 本体内部でガスの切り換えも可能なマスフローコントローラーが、安定した測定環境と測定再現性を実現します。
  • ユーザー交換可能なセンサーは、装置のメンテナンスにかかる時間とDead Timeを限りなく軽減します。
  • STA8000はコンパクト設計でありながら1600℃に対応した抜群の操作性と信頼性を兼ね備えた高温型高精度TG-DTAです。
  • STA8000はガラスやセラミックに必要な数100 mgの測定に耐え、特長的なセンサーが試料の形状変化を捉え測定も可能です。

 

SaTurnA™ センサー

SaTurnAセンサー従来の DTA ではリファレンス試料の温度変化が DTA データに影響を与えていました。SaTurnA センサーではリファレンス試料を必要としないサンプル/リファレンス一体型を採用しました。
また、交換も簡単でサービスコールの必要がありません。

 

 

 

 

簡単なセンサー交換

TG-DTAでは試料の分解ガスなどで、センサーが劣化し ます。STA 6000/8000では、センサー交換にレンチなどの工具を一切使わず、熟練作業を必要としないため、誰でも簡単に交換可能です。 自動化されているCalibration を行えば、センサー交換後の装置の再立ち上げも容易で、装置のDead Timeを最小限に留めます。

 

再現性に優れたTG とDTA/DSC

STA 6000/8000 それぞれ専用のセンサーと温調により、TG、DTA/DSC 共に優れた再現性を提供します。周辺環境の変化を受けにくい設計思想が高精度な測定を可能としました。

 

 

正確で安定したガス流量を提供するマスフローコントローラー

実際のTG-DTA 測定で雰囲気ガスの切り換えは非常に重要です。内蔵のマスフローコントローラーは、Pyrisソフトウェアから制御可能で、圧力変動による流量変化のない安定した雰囲気ガスを長時間に渡り供給します。また、OIT(酸化誘導時間)やゴム中のカーボン定量などのためのガスの切り換えは、Pyris ソフトウェアから温度プログラムに連動して切り換えできます。

マスフルコントローラ

 

仕様

  STA 6000 STA 8000
形式 シングルビーム縦型TG-DTA
測定温度範囲 15~1000 ℃ 15~1600 ℃
昇温速度 0.1~100 ℃/min 0.1~100 ℃/min (~1000 ℃)
0.1~25 ℃/min (1000~1600 ℃)
熱電対 PT-PT/Rh (Type R)
最大容量 1500 mg
ガスフロー 自動切り換え機能付きマスフローコントローラ内蔵 (2 系統)
温度精度/再現性 ±0.5 % ±0.5 % (~1000 ℃)
±1.0 % (1000~1600 ℃)
冷却時間 12 分 (1000 → 100 ℃)
20 分 (1000 → 30 ℃)
35 分以内 (1600 → 100 ℃)
* 冷却水5 ℃の場合
オートサンプラー 45サンプル (オプション) N/A
ハイフネーション
(オプション)
TG-IR用インターフェース N/A
サイズ
(幅×高さ×奥行)
380×170×410 mm
380×310×410 mm (オートサンプラー仕様)
380×210×410 mm
質量 12 -16 kg (仕様により異なります) 17 kg

技術資料

  • TG-DTAに用いる新型センサー(SaTurnAセンサー)試料中の微量成分測定
  • TG-DTAにおけるマクロDTAとミクロDTA 微量成分のDTAと無機ガラスのガラス転移
  • DSCを用いたリサイクルポリマーの評価 -リサイクルPET-
  • 高分子材料の熱分析
  • TG、DSCによる硫酸銅5水和物単結晶の脱水挙動
  • DSCによるソーラーパネル中のEVA(エチレン酢酸ビニル)の硬化測定