イベント情報一覧メニュー - PerkinElmer Japan
  

セミナー ライフサイエンスシンポジウム Part4
「詳細はこちら」より参加登録いただけます。※参加費無料
参加登録いただくと、別途録画版の案内が送付されます。後日聴講可能ですので、日程が合わない方もまずはご登録ください。

詳細はこちら

開催日時 2020/6/30(火)
10:00~11:00
内容【タイトル】
「The Role of Optical Molecular Imaging in the Multimodal Toolkit for Determining the Theranostic Efficacy of Nanomedicines―薬の治療効能を決定づけるマルチモーダルツールキットにおける光学分子イメージングの役割」

【講演者】
Zachary H. Houston, PhD Research Fellow AIBN University of Queensland

【講演内容】
セラノスティックナノメディシンは、前臨床およびフェーズ0の臨床モデルで多くのタイプの癌の治療に大きな可能性を示しています。 これらのナノ医薬品が治療法としてどのように機能するかのメカニズムを理解することは困難な作業であり、治療カーゴの送達および放出のメカニズムを理解するためにさまざまな手法が必要です。
この講演では、光学イメージングがどのように使用されるか、およびセラノスティックナノメディシンの有効性を決定するための分子イメージングモダリティとしての重要性について解説します。

Theranostic nanomedicines have shown great potential for the treatment of many types of cancers in preclinical and phase 0 clinical models. Understanding the mechanism of how these nanomedicines perform as therapeutics is a challenging task and requires a wide variety of techniques to understand their mechanism of delivery and release of therapeutic cargo.
In this talk I will discuss how optical imaging is used and its importance as a molecular imaging modality for determining the efficacy of theranostic nanomedicines.
  • 1