潤滑油分析

パーキンエルマーでは、ガスクロマトグラフ、ICP-OES、FTIR、熱重量測定(TGA)等の分析機器と専用オートサンプラーを組み合わせたトータルソリューションとして、オイルコンディションモニタリングシステムを提供しています。

潤滑油の分析は、設備の状態を把握するために重要な位置づけとなっています。定期的に分析を行うことで、潤滑油の劣化度や汚染度を把握でき、修理や潤滑油の交換のタイミングを適切に管理することが可能になります。

 

アプリケーション事例

 

アプリケーションノート・ポスター

すべて展開 | すべて折り畳む

フーリエ変換赤外分光分析

ICP発光分析

クロマトグラフ分析

 

製品

すべて展開 | すべて折り畳む

赤外分光分析

ICP発光分析

熱分析、有機微量元素分析

ガスクロマトグラフ分析

自動液体分注ロボットシステム