分散型IRを超えた!? 比類無き縦軸精度を誇るFTIR - PerkinElmer Japan

分散型IRを超えた!? 比類無き縦軸精度を誇るFTIR

​光学材料の赤外領域における特性は、従来より分散型IRが利用されてきました。しかしながら殆どの製造メーカーではFTIRを製造しており、分散型IRは特注品扱いもしくは扱っていないのが現状です。
パーキンエルマーはその長い歴史から、光学材料(フィルター、レンズ等)の測定において従来のFTIRにおける問題点を克服し、専用設計されたFTIRを開発しました。

バンドパスフィルターや高反射率材料の測定事例を紹介します。

 

使用装置

Optica FTIR
Optica FTIR

 

測定事例

(画像をクリックすると拡大表示されます)
 

従来のFTIRではベースラインの乱れなど理論通りのデータを得ることができません。Optica では理論どおりのデータを得ることが可能です。

 

ナローバンドパスフィルターの測定においても良好なスペクトルデータを得ることが可能です。

 

NISTデータと比較しても良好なデータが得られています。

本事例に対するお問合せはこちらから


装置の紹介

  • Frontier Optica
    光学フィルター、ガラス材料やコーティングなどの分野で、赤外領域における試料測定には、従来から分散型IRが使用されてきました。Opticaは分散型IR に匹敵する縦軸精度と低迷光を実現します。