アプリケーション - PerkinElmer Japan

アプリケーション

材料評価分析

近年、人類は環境、食品、生命など多岐に渡り真剣に取り組むべき様々な問題に直面しています。 そしてその解決のため、過去に無いスピードで新規化合物の合成、安全な材料、新規製剤の開発等に取り組んでいます。
パーキンエルマーでは、これらの取り組みの支援に向け、様々な分析手法を開発・提案しています。

 

食の安全評価分析

昨今、食の安全について世界的に議論されています。パーキンエルマーは、人類の食の安全に貢献するために様々な活動を行っています。食品中の有害な成分分析、および産地偽装を見破る判別手法などについても、積極的にメソッドの提供を行っています。
また、人類の未来を託された子供たちの安全を守るために、粉ミルク、およびお菓子に有害な成分が混入されていないかを調べるシステムも提供しています。

 

Halal(ハラル)

食の安全について関心が高まる中、消費者を安心させることができる食品の試験方法が必要とされています。パーキンエルマーの食品ソリューションは、食の安全、安心に対する取り組みをサポートします。
宗教的な理由から食品の成分・加工・取り扱いといったすべての面で気を配ることを必要とされるケースもあります。豚肉検出キットは、食品中の豚肉を迅速に検出することができるため、確認検査前のスクリーニングとして肉製品の純度を分析する認証機関や受託分析機関、食品メーカー等に有用です。

 

代替エネルギー評価分析

私たち人類はあまりにも長い間、地球資源を浪費し続けてきました。地球温暖化および化石燃料の渇枯問題は、我々が早急に考えなければならない問題のひとつです。
パーキンエルマーでは、この地球規模の問題を解決する糸口として、太陽電池、バイオ燃料といった持続的に使用可能なエネルギーが普及するように活動を行っています。
例えば太陽電池については、さらなる電力への変換効率を上げるための分析手法を提案。バイオ燃料では、化石燃料の混入判別、品質管理システムの提供など。 

 

環境分析

豊かな作物が実るために必要な「土」、生命の源である「水」、どこまでも広がる青空に象徴される「空気」、このうちどれかひとつでも欠けてしまうと我々人 類は生存する事ができません。世界中でこの大切な地球環境を守るために様々な環境モニタリング手法が提案されています。パーキンエルマーでは、このすべての要素についてトータルソリューションを提供する準備ができています。

 

潤滑油分析

パーキンエルマーでは、ガスクロマトグラフ、ICP-OES、FTIR、熱重量測定(TGA)等の分析機器と専用オートサンプラーを組み合わせたトータルソリューションとして、オイルコンディションモニタリングシステムを提供しています。
潤滑油の分析は、設備の状態を把握するために重要な位置づけとなっています。定期的に分析を行うことで、潤滑油の劣化度や汚染度を把握でき、修理や潤滑油の交換のタイミングを適切に管理することが可能になります。

 

ラベルフリーシステム

ラベルフリー技術によって、細胞内のシグナル伝達機構を特徴付けし、複数のシグナル伝達パスウェイの複雑性について効率的に理解を深めることができます。さらに、高感度のバイオケミカルの相互作用アッセイや、困難なターゲットや弱い生物学的相互作用の検出にも対応できます。
細胞やバイオケミカルのラベルフリーアッセイにより、豊富な情報と生理学的に関連性の高いデータを得ることができます。

 

アプリケーション事例 紹介一覧