無機分析ラボの日々のあれこれ - PerkinElmer Japan

無機分析ラボの日々のあれこれ

無機分析チームのアプリケーション担当者が、ICP発光分光分析(ICP-OES)とICP質量分析(ICP-MS)を中心に、日々何を考え分析を行っているのか、基礎的なことから応用まで多岐にわたる内容について更新します。
教科書やWEBには載っていないノウハウなども紹介していく予定です。

記事一覧

 ICP-OESラボのあれこれ

ICP-MSラボのあれこれ

 
第1回: 真値と期待値の狭間で(2016/4/26)
第2回: イオン化干渉との戦いの日々(2016/5/10)​
第3回: プラズマガス流量は少ない方がいい!(2016/5/25)
第4回: ICP-OES検出下限の計算方法(2016/6/15)
第5回: 有機溶媒の直接導入(2016/7/1)
第6回: より高感度に測定するためのノウハウ1~超音波ネブライザー編~(2016/8/4)
第7回: 迅速分析のコツ1~無駄な時間を減らそう~(2016/8/23)
第8回: 水素化物発生ICP法のメリットとデメリット(2016/10/25)
第9回: 続・水素化物発生ICP法 ~前処理について~(2016/11/18)
第10回: ラジアル観測高さの最適位置とは?~発光強度の違いから考察してみた~(2016/12/19)
第11回: 測定積分時間は何秒に設定していますか?それは適切な値ですか?(2017/1/10)
第12回: ナトリウムとカリウムをICP発光で定量できていますか?(2017/5/8)
第13回: どんなネブライザーを使っていますか?(2017/12/7)
第14回: 濃度や検出下限値の表記“ppm”で生まれる誤解(2018/2/1)
第15回: 検量線の範囲や測定点数に決まりはあるのか? (2018/3/15)
第16回: データ解析ソフトを利用して感じた分析化学における多角度からの解析の重要性(2018/7/11)

 
第1回: あなたの調製した1%硝酸は何%硝酸?(2017/10/3)
第2回: あなたの調製した検量線用標準液は問題ないですか? (2018/5/8) 
第3回: あなたの調製した検量線用標準液は問題ないですか?- 2 (2018/6/26)