Quantulus GCT 6220 超低バックグラウンド液体シンチレーションカウンター

3H、14Cなどの環境放射能測定や14Cを利用した年代測定用に開発された低放射能測定液体シンチレーションカウンターである1220 Quantulusは最新の技術を搭載して、よりコンパクトに生まれ変わりました。

 

極低レベルβ線およびα線に対する、高感度で比類なき検出力により、Quantulus GCT 6220は厳格な環境アプリケーションにおいて、最も理想的なソリューションです。
Quantulus GCT 6220はBGO(Bismuth germanium oxide)ガードを備え、バックグラウンドを極限まで低減させます。BGOガードはサラウンドTR-LSC技法に加え、特許出願中のGCT(Guard Compensation Technology)とともにバックグラウンドを検出し、理論的に除去します。この高度な技術により、一般的なガラスバイアルまたはプラスチックバイアルを用いて、超低バックグラウンド測定を簡便かつ安価に行うことを実現させました。

 

サラウンド TR-LSC 技法
  サラウンドTR-LSC技法は、サンプルチャンバーをBGOガードとして使用することによりバックグラウンドを低減します。バックグラウンドイベントをBGOガードが検出し、サンプル測定に干渉する前にTRLSC技法とGCTによって除去されます。

機能

フラッグシップモデルQuantulus GCT 6220はTri-Carb 5110TRが持つすべての機能に加えて、以下の機能を備えます。

  • BGOガード「超極低レベル測定モード」
  • GCT(Guard Compensation Technology)
  • PAC(Pulse Amplitude Comparator)
  • PSA(Pulse Shape Analyzer)
  • 高い再現性を維持するための「冷却ユニット」 

 

Quantulus GCT 6220は極低レベルβ線およびα線の検出に適している上に、バイアル搭載数が多いため従来のQuantulusよりも高いスループットを有しています。これは厳格な液体シンチレーションアプリケーションの増加に対し、より柔軟に対応できることを意味します。
 Quantulus GCT 6220は以下の測定において特に威力を発揮します。

  • 考古学的サンプルにおける放射性炭素年代測定(14Cのベンゼンサンプルで51,000年以上)
  • 飲料水中のトリチウム・ラドン・ラジウムおよびウラニウム(1 Bq/L以下の水サンプル中3H)
  • 食物・アルコールおよびバイオ燃料中の14C(濃度1%未満のバイオエタノール中14C)
  • 食品中のストロンチウム
  • 原子力発電所からの放射性物質放出の評価
  • 原子炉の廃止措置中の放射線モニタリング
  • 石油探索におけるトレーサー測定
  • ADME試験(マイクロドーズ臨床試験) 

放射性炭素年代測定やマイクロドーズ臨床試験に