MicroBeta2 マイクロプレートRI・グロー発光測定システム

MicroBeta2

MicroBeta2 は 96/24ウェル、あるいは 384/96ウェルのマイクロプレートに対応し、また、4mLのミニバイアルやエッペンドルフチューブでの測定が可能な、シンチレーション・ルミネッセンスカウンターです。マイクロプレートの簡便性と、液体シンチレーションカウンターの信頼性を兼ね備えており、放射性廃棄物の低減、試薬・消耗品コストの削減、サンプル調製・測定時間の削減に有効です。

サンプルポジションの上下に光電子増倍管(PMT)を装備するというユニークな検出器構成をしており、これらの PMT でサンプルの上下から同時に測定を行なう「同時計数法」で測定を行います。上下からの測定が可能なマイクロプレート・フィルターマット・ミニバイアルなどを用いた、低バックグラウンド・高感度なシンチレーション測定が可能です。
また MicroBeta2 では、新たにサンプルの上方に位置する PMT のみを使用した、「TR-LCS法(特許)」でのシンチレーション測定が可能になりました。これにより、不透明なマイクロプレートや UniFilter の様なフィルタープレートのサンプルでも、低いバックグラウンドの測定が可能です。
さらに、シングルフォトンカウンティング法による、上方あるいは下方からの高感度発光測定も可能です。(ルミネッセンスオプション搭載時。ただし MicroBeta2 ではグロー発光測定のみ)

アッセイやスループットに合わせて、検出器の本数(組数)を 1組・2組・6組・12組から選択いただけます。マイクロプレートを16枚、あるいは最大32枚まで収納できるスタッカーを内蔵しています。また、ロボット接続にも対応します(オプション)。マイクロプレートやミニバイアルによるシンチレーション測定だけでなく、SPA測定などを高効率測定できる ParaLux™ 測定モードなども備えており、ベータ線・ガンマ線(オージェ電子)核種、発光サンプルなど、多様な検体の測定に柔軟に対応できるプレートカウンターです。

 

同時計数回路のイメージ

同時計数回路のイメージ

TR-LSC法の原理

TR-LSC法の原理

 

特長
  • 「同時計数法」と「TR-LSC法」のどちらにも対応可能
  • 多様な測定モードに対応
    • シングル/デュアルラベル CPM 測定モード
    • シングルラベル DPM 測定モード
    • ParaLux 測定モード(高効率SPA測定)
    • 発光測定モード(オプション)
  • 最大で 12基(12組)の検出器を搭載可能
  • マイクロプレート(384/96/24ウェル)以外に、フィルターマットや 4mLミニバイアルなどの測定が可能
  • 測定機本体にコンピュータを内蔵
  • FDA 21CFR Part11 対応ソフトウェア(オプション)
アプリケーションノート(英文)

 

製品名 システム品番 検出器数(組数) プレートフォーマット スタッカー枚数
MicroBeta2 2450-0010J 1 96/24ウェル 16枚
2450-0020J 2 96/24ウェル 16枚
2450-0060J 6 384/96ウェル 16枚
2450-0120J 12 384/96ウェル 16枚