TSA 免疫組織化学染色・in situ Hybridization増感システム - PerkinElmer Japan

TSA 免疫組織化学染色・in situ Hybridization増感システム

 

Increase Imaging Detection 100X with Tyramide Signal Amplification (TSA)!

Amplify Your IHC, IF or ISH Signal with TSA Reagent Solutions ...

Why Multiplex?!

Why Multiplex?

Learn how TSA dramatically expands options for Multiplex detection ... View Rapid Learning Presentation

Signal Amplification for Immunohistochemistry

Signal Amplification for Immunohistochemistry

Improve the sensitivity of detection by 100-fold or more ... View Rapid Learning Presentation

Signal Amplification for In Situ Hybridization

Signal Amplification for In Situ Hybridization

Get higher sensitivity with minimal change to your existing protocol ... View Rapid Learning Presentation

TSA Published Papers

TSA Published Papers

View peer-reviewed scientific literature published by researchers using TSA solutions ... Read More

  • Increase Imaging Detection 100X with Tyramide Signal Amplification (TSA)!
  • Why Multiplex?
  • Signal Amplification for Immunohistochemistry
  • Signal Amplification for In Situ Hybridization
  • TSA Published Papers

TSA試薬の販売は2019年12月末を以て販売を中止することとなりました。

今後のTSA製品の販売については、後継となる輸入代理店様が現在準備を進めております。
後継代理店様における販売体制が整い次第お知らせいたします。

本件に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

TSAシステム

存在量が少なく通常の方法ではしばしば検出することの困難なタンパク質や核酸であっても、チラミドシグナル増幅(TSA)技術によって、再現性のある検出や定量を行うことが可能となります。TSAシステムは、現在用いているイメージング装置や顕微鏡、サンプル調整方法はそのままで、免疫組織化学、免疫蛍光あるいはin situ ハイブリダイゼーションの検出を改善することができます。

 

前立腺FFPE切片のPSA検出
TSAによる増幅
抗PSA抗体(マウス)
+ HRP標識抗マウス抗体
TSA Plus Fluorescein
蛍光標識二次抗体による検出
抗PSA抗体(マウス)
+ Alexa 488標識抗マウス抗体

 

シグナル増幅の基本原理


チラミド(Tyramide) 化合物は、過酸化水素の存在下において、西洋わさびペルオキシダーゼ(HRP) の触媒作用によりラジカル化され、その近傍にある芳香属化合物と非特異的に共有結合で結びつきます。


TSAシステムではこの性質を利用し、HRP標識の抗体やプローブを用いて IHC や ISH を行った後に、ハプテン標識のチラミドを作用させます。チラミドは HRP によりラジカル化されますが、このラジカルの寿命は非常に短いため、HRPの近傍にあるサンプル組織やブロッキング剤に含まれるアミノ酸(チロシンやトリプトファン)などの芳香属化合物とのみ共有結合し、HRPの周辺にのみハプテン標識のチラミドが集積します。つまり、一つのハプテン分子を基点とし、それを拡散することなくハプテンの増幅を行うことができるのです。最後に増幅したハプテン分子を用いて、発色あるいは蛍光でシグナルを検出します。

 

TSAシステムおよびリージェントパックの構成

TSA System の各キットには、各種標識チラミドと1x アンプリフィケーション希釈液(1x Amplification Diluent)、HRP標識ストレプトアビジン、ブロッキング試薬および英文マニュアルが含まれます。リージェントパックは標識チラミドとアンプリフィケーション希釈液のみのセットになります。
パッケージサイズは、1スライドあたり100-300µLのチラミド反応液を使用した処理枚数で示されています。全ての標識チラミドは乾固されており、下表はDMSO(あるいはCyanine 3/ 5のみ精製水)で再構成後の液量を示しています。システムに含まれる1x アンプリフィケーション希釈液で50倍希釈してチラミド反応液とします。1x アンプリフィケーション希釈液(FP1052)とブロッキング試薬(FP1020)およびSA-HRP(NEL750001EA)が別途購入可能です。
この他に、必要な抗体・酵素類・発色基質など各実験系に応じて必要な試薬類は、別途準備していただく必要があります。
各種の蛍光標識チラミドを含むシステムでは、シグナル増幅をした後でそのまま蛍光を検出することができます。

Tyramide System
製品名 パッケージ 製品番号
TSA Biotin System for 200-600 slides NEL700001KT
for 50-150 slides NEL700A001KT
TSA Fluorescein System
(Ex. 494 nm, Em. 517 nm)
for 100-300 slides NEL701001KT
for 50-150 slides NEL701A001KT
TSA TMR System
(Ex. 550 nm, Em. 570 nm)
for 100-300 slides NEL702001KT
TSA Coumarin System
(Ex. 402 nm, Em. 443 nm)
for 100-300 slides NEL703001KT
TSA Cyanine 3 System
(Ex. 550 nm, Em. 570 nm)
for 50-150 slides NEL704A001KT
TSA Cyanine 5 System
(Ex. 648 nm, Em. 667 nm)
for 50-150 slides NEL705A001KT

Tyramide Reagent Pack
製品名 パッケージ 製品番号
TSA Biotin Reagent Pack 
for 200-600 slides SAT700001EA
for 1,000-3,000 slides SAT700B001EA
TSA Fluorescein Tyramide Reagent Pack for 100-300 slides SAT701001EA
for 500-1,500 slides SAT701B001EA
TSA TMR Tyramide Reagent Pack for 100-300 slides SAT702001EA
TSA Cyanine 3 Tyramide Reagent Pack for 50-150 slides SAT704A001EA
for 250-750 slides SAT704B001EA
TSA Cyanine 5 Tyramide Reagent Pack for 50-150 slides SAT705A001EA