ARVO 測定用のフィルターの取り外し方・取り付け方 - PerkinElmer Japan

ARVO 測定用のフィルターの取り外し方・取り付け方

  1. フィルタースライド取り出し口の開け方・閉じ方


    エミッションフィルターの交換の為に、ARVO本体右側のカバーを取り外します。ARVO Xではネジを2つ、ARVOMXやARVOSXではネジを3つはずすと、カバーが取り外せます。分注機が増設されている場合は、スライド取り出し口のカバーは既に取り外されていますので、分注機上部のフタを大きく開けてください。また、作業の最後にカバーを取り付ける際には、必要以上にネジをきつく締めないことをお勧めします。

  2. フィルタースライドの取り出し方


    続いてソフトウェアからフィルタースライドを搬出させます。ARVOコントロール用ソフトウェアのウィンドウ上部にあるメニューから、[Tools] → [Filters] を選択します。


    Filtersウィンドウが開いたら、右上の[Filter Slidesタブ]をクリックし、続いて[Emission filter slide A]を選択して、[Properties]をクリックします。


    フィルタースライドの絵の左下にある [Eject] をクリックし、続いて現れるダイアログボックスの[OK]をクリックしてください。


    ARVO本体右側からフィルタースライドが搬出されますので、取り出してください。

  3. フィルタースライドからのフィルターの取り外し方


    フィルターはフィルタースライドの各スロットに金属製のリング状の留め具(リングバネ)で固定されていますので、ピンセットや先の小さなマイナスドライバーを使って留め具を取り外し、フィルタースライドを逆さにしてフィルターを取り出してください。この際、他のフィルターのフィルター面に直接触れないようにご注意ください。取り外した留め具は、フィルターを固定する際に必要になりますので、なくさないように気をつけてください。

  4. フィルタースライドへのフィルターの取り付け方


    光学フィルターは光を通す向きが決まっており、多くの場合フィルターの側面に矢印でその向きが描かれています。例えばこの25mm径フィルターの場合、赤い矢印で示される方向になります。矢印が描かれていない場合は、フィルター側面の文字を読める向きにフィルターを置いた時、フィルターの上面から下面に向かって光を通してください。


    ARVOの場合、フィルタースライドを各スロットの開口部を上に向けておいたとき、検体から放出される光は、フィルタースライドの下側から上に向かって通りますので、これに矢印の向きを合わせて、フィルターを各スロットへ入れます。リング状の固定用留め具をスロットにはめ込み、ピンセットなどを使って留め具を奥に押し込んでフィルターをしっかりと固定してください。この際、フィルター面に手が触れないように注意し、触れてしまった場合はキムワイプなどで汚れを拭き取ってください。留め具が見当たらない場合は、各スロット内の内側にはまっている場合がありますので、取り出してご使用ください。

  5. フィルタースライドの取り付け方


    スロット開口部を上にし、フィルタースライドをスロット8番の側からゆっくりとテンションを感じる所まで押し込んでから、コンピュータの画面に表示されている[OK]をクリックすると、スライドがARVO内部へ収納されます。最後にARVO本体右側のカバーを元に戻して、測定用のフィルターの取り付けは終了です。