PlateStak マイクロプレート収納・供給装置 - PerkinElmer Japan

PlateStak

PlateStak™ は、マイクロプレートおよびチップ・ボックスの供給と収納を自動化することで、プレート処理容量の増大と完全自動化に対応するために有効な装置です。本システムには、プレートまたはチップ・ボックスを、スタッカーからダイビング・ボードを介してJANUSのデッキ上の分注アームやグリッパーアームのアクセス可能な位置に移動する両方向シャトルが組み込まれています。

 

PlateStak には、マイクロプレートの位置をモニタリングするセンサーが内蔵されています。本システムはRS232経由で各種の液体処理用ワークステーションと簡単に接続して使用することができます。

PlateStakシングルダイビングボード PlateStakデュアルダイビングボード
PlateStakシングルダイビングボード PlateStakデュアルダイビングボード

 

主要な特長

  • 96- 、384-、1536ウェルプレート 、ディープウェルプレート、自動化対応PCRプレートなど、SBS標準プレート・タイプに適合しています。
  • スタッカーカセットには、50枚のSBS標準マイクロプレート、15枚のディープウェルプレート、または12個の RoboRackチップボックスを収納することができます。各種のプレートとチップボックスは、カセット内に混載して収納することが可能です。
  • 蓋着脱用のオプションカセットを追加することで、マイクロプレートの蓋の着脱を可能にします。
  • PlateStakはRS232ポートを介して各種の液体処理用ワークステーションのホストコンピューターと接続されます。オプションのバーコードスキャナーを付属することで、プレート上のバーコードラベルの読み取り)が可能になります。

 

PlateStakは以下のような、多様な液体装置、およびアプリケーションに適合します。

  • JANUS Automated Workstations
  • Evolution Precision Pipetting Platform
  • MultiPROBE II EX System
  • MiniTrak
  • PlateWash
PlateStak/JANUS Miniのインテグレーション
  PlateStak/JANUS Miniのインテグレーション