AxION 2 TOF MS 飛行時間型質量分析装置 - PerkinElmer Japan

AxION™ 2 TOF MS 飛行時間型質量分析装置

AxION 2 TOF MS

精密質量による定量は、分析サンプルの考察、信頼性、生産性に良い結果と効果をもたらします。
AxION 2 TOF MS は、アプリケーションや試料中マトリックスを問わず、最適化された質量精度、ダイナミックレンジ、スピードと感度によって、理想的なパフォーマンスを提供します。また、優れた性能、機能と多様性は、幅広い質量範囲とアプ リケーションに適用可能です。

 

全てを装備した飛行時間型質量分析計

 

感度 速度

独自のイオン源とTrapPulse™技術により、最適の感度を保証

 


レセルピン1 pgを3回繰り返し注入

高速データ取得とUHPLCと組み合わせによる高スループット


レセルピンの高速LC分析

フルスペクトル

 正確な質量の測定は、試料を再測定することなくデータの再処理が可能

ヨウ化ナトリウムの直接導入
ヨウ化ナトリウムの直接導入

質量精度
精密質量測定と、同位体比の測定は、正確な元素組成を導きます。
同位体 計算 m/z 測定 m/z 計算 % 測定 % 誤差 ppm
1 609.28066 609.2816 100.00 100.00 1.54
2 610.28393 610.2843 37.23 38.67 0.61
3 611.28671 611.2878 8.59 8.51 1.78
4 612.28941 612.2895 1.48 1.38 0.15

高い信頼性をもたらす5桁のダイナミックレンジ

定量ダイナミックレンジ
高い信頼性をもたらす5桁のダイナミックレンジ

 

特長

  • 直交デザイン
    バックグランドのケミカルノイズを最小化し、分解能と感度を最大化します。
  • インソース CID
    制御されたクリーンな真空下でフラグメンテーションを起こし、より詳細な構造解析を可能にします。
  • イオン源(特許)
    効果的なイオン化のために、最適な噴霧と脱溶媒によって、最高感度が得られます。
  • 多段のイオンガイド(特許)
    優れた感度を得るために、透過率を最大化した多数の真空ステージを採用しています。
  • V 型フライトパス
    最高レベルの感度を持続し、困難なマトリックス分析の解決に必要な分析能を提供します。
  • エレクトロンマルチプライヤー
    高速データ取得と広いダイナミックレンジにより、正確なスペクトルと優れたピーク分解能が得られます。

業界最先端のイオン源

アプリケーションや化合物ごとに最適なソリューションを選択することが可能なため、様々な分析条件においても機器のパフォーマンスを最適化できます。イオン源に交換可能なスナップインプローブを使用することで、2 種類イオン源をアプリケーションごとに使い分けることが可能です。このため、コンタミネーションを最小化し、生産性が向上します。

デュアルプローブ Ultraspray™ 2 電子噴霧イオン化 (ESI)

  • 一つのインレットを試料専用にし、残り一つを内部標準試料に使用することで、ロックマス較正を可能にします:
    - 優れた質量精度
    - 簡単なメソッド開発
    - 高いスループット
  • 独自の設置されたプローブは、最もソフトなイオン化を可能にし、最も不安定な化合物の分子構造さえ壊しません。

 

フィールドフリーの大気圧化学イオン化(APCI)

  • 感度を落すことなく、50 µL/min から高流速まで高いパフォーマンスが得られます。
  • Field-free設計により、従来の装置よりノイズが低く、信頼できる結果が得られます。
  • 最も単純なセットアップと操作のみで、ニードルやプローブ最適化が不要です。

 

キャピラリーシャッター(特許)

真空をシャットダウンすることなく、キャピラリーとイオン源のメンテナンスを可能にします。この機能により、システムの起動やシャットダウンの時間が不要になります。このため機器のダウンタイムが減少し、生産性が向上します。この独自のシャッターは、キャピラリー交換時の空気混入を防ぐため、機器汚染を回避できます。

 

独自のTrapPulseテクノロジー

フライトチューブに向けて加速する前にイオンを高密度にまとめることにより、感度をおよそ10 倍向上できます。パルス導入サイクルはイオンの到着と同期しているため、最先端の検出器に最大限のイオンを導入することができます。革新的で効率の高い TrapPulse テクノロジーは、シグナル強度を最大化しベースラインのノイズを低減します。同時にデータ取得時に、分解能と質量精度を維持します。


AxION 2 TOF MS はTrapPulse テクノロジーにより、感度が10倍(青色)になり、より明確な、はっきりした結果が得られます。 

 

優れたソフトウェアソリューション

AxION Data System(定量ワークフロー)
AxION Data System
  AxIONデータシステムには、信頼できる定量分析のために必要な全てのツールと情報があります。  

AxIONデータシステムには、信頼できる定量分析のために必要な全てのツールと情報があります。

AxIONデータシステムは LC/TOF MS の制御からデータのアクセス、制御、処理、そしてレポートまでの全てを簡単にします。ソフトウェアは最先端のワンクリック(Time-of-Flight AutoTune(TOF自動チューン))で素早く立ち上げ、作業することができます。

ロックマス較正されたイオンシグナルを提供することができる唯一のデータシステムとして、手法開発を容易に最適化し、あらゆる化合物の定量分析をより速く、より信頼できる結果を出します。

 

  • ロックマス較正イオンクロマトグラムをリアルタイムで表示します。瞬時に化合物を確定しメソッド開発を最適化することが可能です。
  • MS、PDA、およびアナログ検出器を組み合わせ、同時に画面に表示できます。
  • EICは質量スペクトルからリアルタイムにグラフィックとして抽出することができます。
  • スペクトルは各分析で測定されるため、測定に任意の質量で定量可能です。
  • 化合物ライブラリーにより、ユーザー定義の化合物名を保存することができます。

 

AxION Solo(ターゲット分析ワークフロー)
AxION Solo
  AxION Solo は複数の試料をプレートかバイアルビューで表示するため、素早く簡単にターゲットを発見できます。  

高速のデータ処理により、結果が速く得られます。AxION Solo は、この生産性を向上させます。

ウィンドウに配置したワークフローは、複数のターゲットに対してAxION Solo によって容易かつ迅速に処理し、スループットを最大化しコストを最小化できます。

化合物志向のソフトウェアである AxION Solo は、グラフィックに、明確に、そして正確に必要なデータ情報を見い出します。

 

  • 詳細なレポートと結果証明のオプション。
  • 広範囲なデータ評価用のパラメーターには以下が含まれます:
    - 高純度化合物の検出/不検出
    - 化合物、断片の検出
    - 同位体比、保持時間による検出と確認
  • 複数の試料をプレートかバイアルビューで閲覧し、試料から素早くターゲットを特定できます。

 

AxION Xpo™

AxION Solo のレビューおよびレポート機能のみ必要(データ処理は不要)な場合に利用できます。AxION Xpo は、結果の評価とレポートのカスタマイズのための、化合物を中心としたデータ閲覧を提供します。

 

AxION EC ID(化合物同定ワークフロー)
AxION EC ID
  AxION EC ID は未知の化合物の正確な質量データを既知の組成式に変換します。  

高速で正確な化合物同定には、正しい組成式を速く効率的に探すことが必要です。AxION EC ID(原子組成特定)は、より速く、簡単に、明確に検索することが可能です。

この独自のソフトウェアは正確な質量と同位体パターンを AxION 2 TOF MS から取得し、各種データベースの既知の組成式を検索します。正しい化合物を見い出すために、合致した組成式は簡単なサマリーで表示され、マッチパラメーターに応じてスコアがつけられます。

 

  • マッチした組成式はランクされたサマリー(理論上の正確さと同位体比に基づく)で表示され、正しい組成を選択しやすくします。
  • 質量誤差の許容量と同位体パターンマッチング条件はユーザー設定可能です。
  • 詳しい元素や化学の知識を必要とすることなく、正確で信頼できる結果が得られます。
  • 実測と実験データの間の各パラメーターマッチは、[Details] ボックスをチェックすることで確認できます。