近赤外蛍光イメージング試薬 | in vivo イメージング試薬 - PerkinElmer Japan

近赤外蛍光イメージング試薬

住商ファーマインターナショナル株式会社生体(in vivo)イメージングを目的とした本製品の販売は、 住商ファーマインターナショナル株式会社の取扱となります。 詳細は住商ファーマインターナショナル株式会社にお問い合わせください。
(お問い合わせはこちら)

 

近年、疾患等の生体プロセスの評価指標となるマーカー分子同定の進展により、これらマーカーを効率よくモニターし、試験研究の評価指標とする必要性が増してきました。パーキンエルマーの近赤外蛍光イメージング試薬は、in vivoin vitro において、これら生体分子マーカーをターゲットとして、疾患プロセスの進行プロセス・メカニズムを可視化するツールとして役立ちます。

下の画像をクリックして表示されるページより、アプリケーションまたは器官をクリックすると視覚的に in vivo イメージングに使用される近赤外蛍光イメージング試薬が表示されます。

 

 



Products

活性評価試薬

プロテアーゼを主とした疾患マーカータンパク質の活性を受けて蛍光を発する近赤外蛍光イメージング試薬です。疾患部位周辺マトリクスでのマーカー活性によるイメージングを行うために用います。

 

標識試薬

任意の抗体を始めとしたタンパク質・ペプチド等を標識し、イメージング試薬の作成に用います。架橋に用いる官能基の種類や、蛍光特性・クリアランス時間・物質特性に基づき使い分けることができます。

標的試薬

分子間相互作用の特異性に基づき、蛍光が局在する近赤外蛍光イメージング試薬です。リガンド分子の局在に基づいたイメージングを行うために用います。

 

脈管試薬

血中に滞留し血管新生、血管漏えいなどをイメージングするために用います。蛍光特性・クリアランス時間に基づき使い分けます。