近赤外蛍光イメージング試薬 | in vivo イメージング試薬 - PerkinElmer Japan

in vivo イメージング試薬
近赤外蛍光イメージング試薬

住商ファーマインターナショナル株式会社生体(in vivo)イメージングを目的とした本製品の販売は、 住商ファーマインターナショナル株式会社の取扱となります。 詳細は住商ファーマインターナショナル株式会社にお問い合わせください。
(お問い合わせはこちら)

 

蛍光イメージングが in vivo イメージングの強力なパートナーに

蛍光現象は遺伝子発現解析から臨床域に至るまで、様々な技術の中で観察・測定に利用されています。蛍光によるin vivo イメージングには、生体イベントのプローブとして最適化された蛍光イメージング試薬が必要となります。パーキンエルマーの近赤外蛍光イメージング試薬は、主要な学術および製薬パートナーと協力して、アプリケーション毎にパフォーマンスを評価した生体蛍光イメージング試薬として様々なプラットフォームでご利用いただけます。

 

用途・アプリケーションに応じて最適化した蛍光イメージング試薬

パーキンエルマーの近赤外蛍光イメージング試薬は、疾患固有のターゲット、マーカーおよびパスウェイに合わせ、異なる作用機序、蛍光メカニズムのプローブを順次開発し、製品リストに追加しています。

動物モデルにおいて、生体適合性や毒性のプロファイルは、非侵襲的生体イメージングを評価するために大変重要です。パーキンエルマーの近赤外蛍光プローブはこれらの問題を克服し、最大限の情報を生成し蛍光イメージング造影剤として役立ちます。

in vivo イメージングのために要求される蛍光イメージング試薬の特性

  • 機能性および生理的な生物学的インフォメーション
  • モデル動物に対する投与の簡便さ
  • 多用途
    • 複数の蛍光プローブの同時イメージングにマルチプレックス解析
    • 任意の蛍光プローブのカスタム合成
  • 近赤外光のバンド域に最適化された励起・蛍光特性
  • 良好な蛍光フォトン収率
  • 生体適合性および毒性
  • In vivo における化学的安定性
  • システム適合性
  • 蛍光トモグラフィー(FMT)への対応
  • 迅速な排泄
  • 非標的組織における迅速な代謝、クリアランス
  • 生体適合性や毒性

 


Examples of fluorescence agents with different mechanisms of action
Examples of fluorescence agents with different mechanisms of action

製品例:

  • 活性評価試薬
    リアルタイムなマーカー活性の変化を定量化します。
  • 標的試薬
    ピンポイントなマーカー・イベントを定量的に可視化します。
  • 脈管試薬
    血管漏えい・血管新生をモニターし、可視化します。