Volocity 3D イメージング&解析ソフトウェア - PerkinElmer Japan

Volocity 3D イメージング&解析ソフトウェア

Volocityは、高性能3Dイメージングと画像解析を行うソフトウェアです。蛍光顕微鏡、共焦点顕微鏡、2光子顕微鏡等で撮影したZ-スタック画像をPC上で立体に再構築し、プレゼンテーション用のムービー作成や、蛍光強度の定量や動的変化などを解析することができます。3D描画のために最適化されたアルゴリズムを用いているため、立体化されたオブジェクトを自由に動かせることはもちろん、これまでのソフトウェアでは表示できなかった大きなサイズのファイルでも、精細に描画することが可能です。


Volocityの製造販売権を委譲しました。こちらから


Volocityの使用例はこちらから

Volocityの最新版のダウンロードはこちらから

 

 

Volocity LE
特長

 

Volocityは、4つのソフトウェアから構成されています。目的に応じたソフトウェアを組み合わせてご利用いただけます。
  • Visualization: 3Dレンダリング、プレゼンテーション用ソフトウェア
  • Quantitation: 3D、3Dタイムラプスイメージの画像解析、定量、トラッキングなどを行う定量解析ソフトウェア
  • Restoration: デコンボリューションソフトウェア
  • Acquisition: 顕微鏡の操作を可能にするハードウェア制御ソフトウェア

 

PerkinElmerが推奨するソフトウェアの組み合わせ
PerkinElmerが推奨するソフトウェアの組み合わせ Vis Qua Res Acq
プレゼンテーションキット 魅力的な3次元イメージやムービーを プレゼンで使いたい方に      
ベーシックキット 3次元イメージと3次元、4次元定量で困っている方や、これからはじめたい方に    
アドバンスドキット より正確な定量を行いたい方に  
パーフェクトキット 顕微鏡のコントロールから定量、資料作成までをシームレスに行いたい方に

Vis: Visualization, Qua: Quantitation, Res: Restoration, Acq: Acquisition

 

Volocityは、マルチユーザー向けのオプションをご用意しております。

Improvision License Server: Improvision License Serverは、複数のユーザーがいる研究室や共通機器室等での利用を想定したマルチユーザー向けのオプションです。ネットワーク経由でVolocityの使用ユーザー数を管理するため、Volocityのライセンスを効率的に利用いただけるようになります。

 

Volocity向けPCのシステム構成
最小システム構成
OS CPU グラフィック RAM ハードディスク その他
Microsoft
Windows XP
(32 bit) ,
Windows 7
Intel Pentium-3
or
AMD Athlon XP
Processor
OpenGL2.0
をサポート
1 GB
以上
200 MBがイ
ンストレーショ
ンに必要
USBポートが
一つ必要
Microsoft
Windows XP
(x64 edition) ,
Windows 7
AMD64
or
Intel-EM64T
Apple Mac OS
(10.6 以前)
Macintosh G5
2.0 GHz
Intel Core Duo
推奨システム構成 (Visualization, Quantitation, Restoration, Acquisition)
OS CPU グラフィック RAM ハードディスク その他
Microsoft
Windows XP
(32 bit, English) ,
Windows 7
Intel Core 2 Quad
W3520, 3.16 GHz
ATI Radeon
HD 5000
1GB 以降
4 GB Dual 500GB
SATA drives
(RAID-0)
USBポートが
一つ必要
Microsoft
Windows XP
(x64 edition,
English) ,
Windows 7
Quad Core
Intel Xeon 5550,
2.66 GHz
16 GB
Apple Mac OS
(10.6 以前 on Intel)
Two Quad Core
Intel Xeon
"Nehalem",
2.66 GHz
ATI Radeon
HD 5000
1GB 以降
6 GB

 

大量、大型の画像ファイルを高速に処理

ギガバイトを超えるファイルでも精細に描画できる最新アルゴリズムを採用し、いままでにない表現力を実現。また、新機能Spliceにより、別取りしたイメージを簡単に繋げ合わせる事が可能です。タイムラプスイメージングに新たなオプションが加わりました。

 

直感的で優れたインターフェイス

Apple Design Award (2004)を受賞したこともある優れたインターフェイスにより、直感的な操作が可能です。細胞や組織の観察や定量がより簡単にできるようになります。

 

Mac, Windowsに対応

Mac OS X (10.6以前) とWindows XP, Windows 7に対応。研究者のスタイルにあったOSを選択できます。また、Windowsでは、64bit版をサポート。最大128GB、16TBの仮想メモリをサポートすることにより、3Dタイムラプス撮影などのファイルサイズが大きい画像の処理でもメモリ不足にならずに対応できます。PCのスペック等に関するさらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

様々な画像形式をサポート

TiffやJPGはもちろん、Leica LIF、Olympus OIF、Zeiss LSM等各社ファイル形式に対応。メタデータを含む画像全体をスムースにVolocityへ移行可能です。アウトプットも、Tiff、JPGをはじめとするイメージ形式や、QuicktimeやAVI等のムービーに対応。目的に応じた最適なアウトプット形式が選択できます。サポートしているデータ形式はこちらをご覧ください。

 

豊富な実績

Nature, Science, Cellなどの一流紙をはじめ、Volocityを使った論文はすで900報を超えています。詳しい実績はこちら(英語) から、”products”を選択し、”Volocity”で検索してください。

 

様々なアプリケーション例

Volocityは、細胞生物学、免疫学、神経生物学、発生生物学、がん生物学、植物学等、幅広い分野で利用されています。Volocityの特設サイトでは、40を超えるアプリケーション例を用意しております。詳しい内容はこちら(英語) をご覧ください。

 

充実したテクニカルサポート

Volocityの使用に関しての質問や新しい機能の要望などには、経験豊富なテクニカルサポートチームが対応いたします。直接、下記のeメールや電話でのお問合せをしていただく以外にも、日本語のサポートもご利用いただけます。
e-mail: ias.support@perkinelmer.com
telephone:  +44 (0)24 7669 8121
telephone(日本語):   045-339-5862

 

ソフトウェアメンテナンス契約

Software Maintenance Agreement(SMA)にご加入頂くことにより、常に最新版のVolocityをご使用いただけます。詳しい内容は、弊社(045-339-5862)までお問い合わせください。