HCA ImagAmp kit TSA Plus・蛍光シグナル増感キット - PerkinElmer Japan -

HCA ImagAmp kit TSA Plus・蛍光シグナル増感キット

TSA(Tyramide Signal Amplification)は、パーキンエルマーが特許を有するシグナル増幅法です。
免疫組織染色や、In situハイブリダイゼーションにおける、蛍光シグナルを簡便かつ短時間の反応で特異的に増幅させます。
HCA ImagAmp は、マイクロプレートに固定した細胞などの蛍光シグナルを増幅可能なキットです。

シグナル増幅の原理

ほんの10分程度のインキュベーションで、劇的に感度が向上します。

  1. 一次抗体を反応させます。
  1. HRP標識二次抗体を反応させます。
  1. 蛍光チラミドを含む Amplification Reagent を加え、インキュベーションします(3-10分)。H2O2 存在下で、チラミドはHRPによってラジカル化されます。
  1. ラジカル・チラミドは、標的近傍タンパク質の、アミノ酸(TyrやTrp)の芳香環と共有結合し、多数の蛍光チラミドが沈着します。

 

高感度・高解像度

数千~数万倍の増感が可能です。S/Bも増大します。局所的な増刊を行うため、解像度の低下は殆ど起こりません。

CytoChrome C staining of Hela Cells

ImagAmp 488, DAPI Alexa Fluor® 488, DAPI
ImagAmp 488, DAPI Alexa Fluor 488, DAPI
  • Cells; Hela細胞を CellCarrier-384 plate で一晩培養し、固定
  • 一次抗体 0.5 µg/mL抗Cytochrome C
  • 二次抗体
    ImagAmp; 1 µg/mL抗マウスHRP(goat)
    Alexa Fluor; 5 µg/mL抗マウスAlexa Fluor® 488(goat)
  • 露光時間 35msec

 

露光時間の短縮

ハイコンテンツスクリーニングの、スキャン速度が向上します。特に共焦点システムでは顕著です。

 

一次抗体の節約

貴重な一次抗体の使用量を節約でき、コストダウンに繋がります。

DNA damage assay (Phosphorylation of Histone H2AX) in Hela Cells

ImagAmp 546; X20,000 anti-phospho-Histone H2A.X, 50 ms exposure
Alexa Fluor® 546; X500 anti-phospho-Histone H2A.X, 450 ms exposure
10 ng/ml NCS
(Neocarzinostatin)
30 ng/ml NCS 100 ng/ml NCS
  • Cells; Hela細胞をNCSで1時間処理し、固定
  • 二次抗体
    ImagAmp; 1 µg/mL抗マウスHRP(goat)
    Alexa Fluor; 5 µg/mL抗マウスAlexa Fluor® 488(goat)

 

HCA ImagAmp kits 製品リスト
製品名 数量
(For
384Plate)
品番 キット内容
(プレート・HRP標識抗体など・Blocking
Reagentは含まれていません)
HCA ImagAmp
488 Kit
(Fluorescein)
1枚 NEL771001KT Fluorescein Amplification Reagent(2本)
1X Plus Amplification Diluent(1 X 15 mL)
5枚 NEL771B001KT Fluorescein Amplification Reagent(10本)
1X Plus Amplification Diluent(5 X 15 mL)
HCA ImagAmp
546 Kit
(Cyanine 3)
1枚 NEL774001KT Cyanine 3 Amplification Reagent(2本)
1X Plus Amplification Diluent(1 X 15 mL)
5枚 NEL774B001KT Cyanine 3 Amplification Reagent(10本)
1X Plus Amplification Diluent(5 X 15 mL)
HCA ImagAmp
647 Kit
(Cyanine 5)
1枚 NEL775001KT Cyanine 5 Amplificationi Reagent(2本)
1X Plus Amplification Diluent(1 X 15 mL)
5枚 NEL775B001KT Cyanine 5 Amplification Reagent(10本)
1X Plus Amplification Diluent(5 X 15 mL)

保存は遮光下4℃で、最低3ヶ月安定です。
Amplification Reagent は固体です。1本あたり150µLのDMSOに溶解させて使用します。溶解後は、遮光下4℃保存で3ヶ月安定です。
アッセイを行うには、HRP標識試薬(二次抗体など)、Blocking Reagent が必要です。下表から別途ご用意ください。

 

HRP標識二次抗体・ストレプトアビジン
製品名 品番 数量
Anti-human IgG (Goat), HRP NEF802001EA 1 mL (1 mg)
Anti-Rabbit IgG (Goat), HRP NEF812001EA 1 mL (1 mg)
Anti-Mouse IgG (Goat), HRP NEF822001EA 1 mL (1 mg)
Streptavidin-HRP conjugate NEL750001EA 2 x 250 µL

保存は4℃です。

バッファー
製品名 品番 数量
TSA Blocking Reagent FP1020 3 g
1 x Plus Amplification Diluent FP1135 15 mL

保存は4℃です。

マイクロプレート
製品名 品番 数量
CellCarrier-384
Black, clear bottom
6007550 40枚
6007558 160枚

バーコード対応。フタ付き。

 

TSAシグナル増感システムの詳細はこちら