HCA ImagAmp kit TSA Plus・蛍光シグナル増感キット - PerkinElmer Japan -

HCA ImagAmp kit TSA Plus・蛍光シグナル増感キット

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

TSA(Tyramide Signal Amplification)は、パーキンエルマーが特許を有するシグナル増幅法です。
免疫組織染色や、In situハイブリダイゼーションにおける、蛍光シグナルを簡便かつ短時間の反応で特異的に増幅させます。
HCA ImagAmp は、マイクロプレートに固定した細胞などの蛍光シグナルを増幅可能なキットです。

シグナル増幅の原理

ほんの10分程度のインキュベーションで、劇的に感度が向上します。

  1. 一次抗体を反応させます。
  1. HRP標識二次抗体を反応させます。
  1. 蛍光チラミドを含む Amplification Reagent を加え、インキュベーションします(3-10分)。H2O2 存在下で、チラミドはHRPによってラジカル化されます。
  1. ラジカル・チラミドは、標的近傍タンパク質の、アミノ酸(TyrやTrp)の芳香環と共有結合し、多数の蛍光チラミドが沈着します。

 

高感度・高解像度

数千~数万倍の増感が可能です。S/Bも増大します。局所的な増刊を行うため、解像度の低下は殆ど起こりません。

CytoChrome C staining of Hela Cells

ImagAmp 488, DAPI Alexa Fluor® 488, DAPI
ImagAmp 488, DAPI Alexa Fluor 488, DAPI
  • Cells; Hela細胞を CellCarrier-384 plate で一晩培養し、固定
  • 一次抗体 0.5 µg/mL抗Cytochrome C
  • 二次抗体
    ImagAmp; 1 µg/mL抗マウスHRP(goat)
    Alexa Fluor; 5 µg/mL抗マウスAlexa Fluor® 488(goat)
  • 露光時間 35msec

 

露光時間の短縮

ハイコンテンツスクリーニングの、スキャン速度が向上します。特に共焦点システムでは顕著です。

 

一次抗体の節約

貴重な一次抗体の使用量を節約でき、コストダウンに繋がります。

DNA damage assay (Phosphorylation of Histone H2AX) in Hela Cells

ImagAmp 546; X20,000 anti-phospho-Histone H2A.X, 50 ms exposure
Alexa Fluor® 546; X500 anti-phospho-Histone H2A.X, 450 ms exposure
10 ng/ml NCS
(Neocarzinostatin)
30 ng/ml NCS 100 ng/ml NCS
  • Cells; Hela細胞をNCSで1時間処理し、固定
  • 二次抗体
    ImagAmp; 1 µg/mL抗マウスHRP(goat)
    Alexa Fluor; 5 µg/mL抗マウスAlexa Fluor® 488(goat)

 

HCA ImagAmp kits 製品リスト
製品名 数量
(For
384Plate)
品番 キット内容
(プレート・HRP標識抗体など・Blocking
Reagentは含まれていません)
HCA ImagAmp
488 Kit
(Fluorescein)
1枚 NEL771001KT Fluorescein Amplification Reagent(2本)
1X Plus Amplification Diluent(1 X 15 mL)
5枚 NEL771B001KT Fluorescein Amplification Reagent(10本)
1X Plus Amplification Diluent(5 X 15 mL)
HCA ImagAmp
546 Kit
(Cyanine 3)
1枚 NEL774001KT Cyanine 3 Amplification Reagent(2本)
1X Plus Amplification Diluent(1 X 15 mL)
5枚 NEL774B001KT Cyanine 3 Amplification Reagent(10本)
1X Plus Amplification Diluent(5 X 15 mL)
HCA ImagAmp
647 Kit
(Cyanine 5)
1枚 NEL775001KT Cyanine 5 Amplificationi Reagent(2本)
1X Plus Amplification Diluent(1 X 15 mL)
5枚 NEL775B001KT Cyanine 5 Amplification Reagent(10本)
1X Plus Amplification Diluent(5 X 15 mL)

保存は遮光下4℃で、最低3ヶ月安定です。
Amplification Reagent は固体です。1本あたり150µLのDMSOに溶解させて使用します。溶解後は、遮光下4℃保存で3ヶ月安定です。
アッセイを行うには、HRP標識試薬(二次抗体など)、Blocking Reagent が必要です。下表から別途ご用意ください。

 

HRP標識二次抗体・ストレプトアビジン
製品名 品番 数量
Anti-human IgG (Goat), HRP NEF802001EA 1 mL (1 mg)
Anti-Rabbit IgG (Goat), HRP NEF812001EA 1 mL (1 mg)
Anti-Mouse IgG (Goat), HRP NEF822001EA 1 mL (1 mg)
Streptavidin-HRP conjugate NEL750001EA 2 x 250 µL

保存は4℃です。

バッファー
製品名 品番 数量
TSA Blocking Reagent FP1020 3 g
1 x Plus Amplification Diluent FP1135 15 mL

保存は4℃です。

マイクロプレート
製品名 品番 数量
CellCarrier-384
Black, clear bottom
6007550 40枚
6007558 160枚
CellCarrier-384, Collagen coated
Black, clear bottom
6007920 40枚
6007928 160枚
CellCarrier-384, PDL coated
Black, clear bottom
6007580 40枚
9007588 160枚

バーコード対応。フタ付き。

 

TSAシグナル増感システムの詳細はこちら