パーキンエルマージャパン震災復興支援プロジェクト

◆ 福島大学復興支援プロジェクトへの参画

福島大学 放射線計測チーム

 

◆分析化学誌4月号にICP-MSによる放射性ストロンチウム分析に関する総合論文が掲載されました。

BUNSEKI KAGAKI vol.66 (2017) No.4 p.223-231
総合論文
タイトル 多段濃縮分離機構を備えるICP-MSによる放射性ストロンチウム分析
著者 高貝 慶隆1) 2)、古川 真1) 3)、亀尾 裕4)、松枝 誠4)、鈴木 勝彦5)
所属 1) 福島大学共生システム理工学類 2) 福島大学環境放射能研究所 3) 株式会社パーキンエルマージャパン 4) 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 5) 国立研究開発法人海洋研究開発機構
概要 2011年より研究開発を進めてきたICP-MSによる放射性ストロンチウム90の測定に関する要素技術について総合的に紹介しています。
 
オンライン公開中。詳細はこちら

 

◆分析化学誌3月号にオンライン固相抽出ICP-MSにおける内標準補正法に関する論文が掲載されました。

BUNSEKI KAGAKU vol.66, No.3, pp.181-187(2017)
タイトル オンライン固相抽出/ICP-MSにおける放射性ストロンチウム分析のための内標準補正シグナル積算法の開発
著者 古川真1,2,3、松枝誠1、高貝慶隆1,4
所属 1.福島大学、2.パーキンエルマージャパン、3.東京大学、4.福島大学環境放射能研究所
概要 オンライン固相抽出を用いたICP-MSを行うことで、これまで以上に高感度測定が可能になります。しかしマトリックスによっては内標準補正が必要となるケースがあります。そこで本論文では濃縮シグナル計測時におけるオンライン内標準補正の手法について報告しました。
 
オンライン公開中。詳細はこちら

 

◆アメリカ化学会「Analytical Chemistry誌」に“定量”と“回収率”の同時自動計測システムについての論文がアクセプトされました。

タイトル Split Flow Online Solid-phase Extraction Coupled with ICP-MS system for One-shot Data Acquisition of Quantification and Recovery Efficiency.
(スプリット流路を利用したオンライン固相抽出ICP-MS法による定量値と回収率の同時計測法)
著者 Makoto Furukawa1), 2), 3), Yoshitaka Takagai *, 1), 4)
所属 1) Fukushima University, 2) University of Tokyo, 3) PerkinElmer Japan, 4) Institute of Environmental Radioactivity, Fukushima University, *) Corresponding author
論文誌名 Analytical Chemistry, Just Accepted Manuscript.
DOI: 10.1021/acs.analchem.6b03195
概要 オンライン固相抽出-ICP-MS法は、超微量元素分析法として有用な手法です。しかしサンプルマトリックスによっては、固相カラムにおける元素の回収率が変動してしまう懸念がありました。その問題を解決するために、カラムをバイパスする流路“スプリットライン”を設けることで、1回のサンプルインジェクションで“定量値”と“回収率”データを同時取得する手法を確立しました。分析精度の向上、超微量分析の自動化や、固相レジン性能評価などの場面で活用できる応用範囲の広い手法です。
仕様装置 ICP-MS NexIONおよびELAN、フローインジェクション FIAS-400

 

◆2016年5月11日 国立大学法人福島大学 第89回定例記者会見

2016年5月11日(水)、「放射性ストロンチウム計測に関する新技術開発」についての記者会見が行われました。

福島民友新聞みんゆうNet   福島民報新聞
 

 

◆文部科学省平成27年度国家課題対応型研究開発推進事業(英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業)「廃止措置研究・人材育成等強化プログラム」に参画

「廃止措置研究・人材育成等強化プログラム」の平成27年度新規採択課題の一つである“マルチフェーズ型研究教育による分析技術者人材育成と廃炉措置を支援加速する難分析核種の即応的計測法の実用化に関する研究開発”に参画しています。本プログラムにおいてパーキンエルマージャパンは廃炉に向けた人材育成と研究開発による技術革新に取り組んでいます。

2016年1月14日、21日に「プレゼンテーション形式の講義パート」「ICP-MS実機解体の講義パート」の2部構成で行われました。詳細はこちら(文部科学省・教育プログラムの様子)から

 

◆認証標準物質(放射性物質)作成に関する共同研究論文がJournal of Nuclear and Radioanalytical Chemistryオンライン版に掲載されました。

  • Paper
    Certified reference materials of agricultural products and foods bearing radioactivity from the Fukushima nuclear accident

Y. Minai1,2,T. Miura3,C. Yonezawa4,H. Iwamoto5,M. Shibukawa6,Y. Takagai7,M. Furukawa8, F. Arakawa9,
Y. Okada10,K. Kakita11,I. Kojima11,S. Hirai10

1 Musashi University, Nerima-ku, Tokyo, Japan
2 Nedzu Chemical Laboratory, Nerima-ku, Tokyo, Japan
3 NMIJ/AIST, Tsukuba, Japan
4 CPDNP/JIIA, Minato-ku, Tokyo, Japan
5 Environmental Technology Service Co. Ltd., Kita-kyushu,Japan
6 Saitama University, Saitama, Japan
7 Fukushima University, Fukushima, Japan
8 PerkinElmer Japan Co. Ltd., Yokohama, Japan
9 Nippon Meat Packers Co. Ltd., Tsukuba, Japan
10 Tokyo City University, Kawasaki, Japa
11 Japan Society for Analytical Chemistry, Shinagawa-ku, Japan

Article
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry
pp 1-6
 
Received: 20 June 2015
Published online: 26 September 2015

◆2015年2月15日 「サイエンスZERO」にて放映

NHK番組「サイエンスZERO」にて、福島大学との研究について放映されることになりました。

放送日 2015年2月15日(日) Eテレ 23:30~
再放送日 2015年2月21日(土) Eテレ 12:30~

サイエンスZERO:http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp495.html

◆2014年11月27日 【福島大学より発表】
放射性物質ストロンチウム90の迅速分析法が東京電力福島第一原子力発電所内の分析業務において実際に運用・活用されることが決定しました。

パーキンエルマージャパンとの共同研究により開発された新技術です。詳細はお問合せください。

◆分析化学会誌「ぶんせき2014年10月号」にICP-MSによる90Sr分析の共同研究記事が掲載されました。

タイトル 高周波誘導結合プラズマ質量分析法による東京電力福島第一原子力発電所事故にかかわる環境試料中の90Sr分析
著者 高貝 慶隆1)、古川 真2)
所属 1. 福島大学、2.パーキンエルマージャパン

目次のみ学会誌ホームページよりご覧いただけます。
本記事は、「東日本大震災後の環境変化の評価と分析技術の進展」と題した特集に掲載いただいたものです。

 

 

 

 

◆UKのオンライン誌Environmental Technology Online (Sep 03 2014)に共同研究・ICP-MSによるウラン分析に関する記事が掲載されました。

タイトル Introduction of Isotope Ratio Analyses of 235U and 238U Nuclide in the Soil Using ICP-MS and Microwave Digestion ― Wide-Area Soil Survey Related to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident
著者 高貝 慶隆1)、古川 真2)
所属 1. 福島大学、2.パーキンエルマージャパン

 

 

 

 

 

◆日本アイソトープ協会 「Isotope News No.721」(2014年5月号)「展望」欄、2~7ページに共同開発技術についての記事が掲載されました。

日本アイソトープ協会 「Isotope News No.721」(2014年5月号)「展望」欄、2~7ページに共同開発技術についての記事が掲載されました
タイトル ICP質量分析法による放射性90Srの迅速分析とその適用事例
著者 高貝 慶隆1)、古川 真2)、亀尾 裕3)、鈴木 勝彦4)
所属 1. 福島大学、2.(株)パーキンエルマージャパン
3.(独)日本原子力研究開発機構、4.(独)海洋研究開発機構

 

 

◆放射性ストロンチウム90迅速分析法に関する共同研究論文 イギリス王立化学会Analytical Methods誌に掲載

  • Paper
    Sequential inductively coupled plasma quadrupole mass-spectrometric quantification of radioactive strontium-90 incorporating cascade separation steps for radioactive contamination rapid survey

Yoshitaka Takagai *ab, Makoto Furukawa c, Yutaka Kameo d and Katz Suzuki e

*) Corresponding authors
a) Faculty of Symbiotic Systems Science, Cluster of Science and Technology, Fukushima University
b) Institute of Environmental Radioactivity at Fukushima University
c) PerkinElmer Japan Co., Ltd.
Analytical method graphical abstract topcover d) Nuclear Science Research Institute, Japan Atomic Energy Agency (JAEA)
e) Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

Anal. Methods, 2014, 6, 355-362
Received 27 Jun 2013, Accepted 14 Sep 2013
First published online 17 Sep 2013



本活動についてご興味ご質問ございましたらお問い合わせください。

 

◆放射性ストロンチウム分析法の共同研究発表予定

※パーキンエルマージャパン震災復興支援プロジェクトは本研究活動を支援しています。

下記盛会のうちに終了いたしました。

日本分析化学会第66年会
日 時 2017年9月9日(土)~12日(火)
会 場 東京理科大学葛飾キャンパス

共同研究ポスター発表
ポスター番号 Y3025
題 名 検量線が不要な放射性Srのカスケード型ICP-MS分析と福島第一原発の原子炉建屋滞留水への応用
発表者 ○小田島 瑞樹1 ・ 古川 真1,2,3 ・ 鈴木 勝彦4 ・ 高貝 慶隆1,5
所 属 福島大理工1 ・ パーキンエルマー2 ・ 東大農3 ・ JAMSTEC4 ・ 福島大IER5

第77回分析化学討論会
日 時 2017年5月27日(土)~28日(日)
会 場 龍谷大学深草学舎
主 催 (公社)日本分析化学会

ポスター発表
日 時 5月27日(土)12:30~14:00
会 場 P会場
講演番号 Y1100
題 名 スプリット流路を利用するカスケード型ICP-MS法による放射性ストロンチウムと放射性ヨウ素の同時定量分析
発表者 ○尾形 洋昭(1)、古川 真(1,2,3)、高貝 慶隆(1,4)
所 属 1.福島大理工、2.東大農、3.パーキンエルマージャパン、4.福島大IER

PITTCON 2017
日 時 2017年3月5日(日)~9日(木)
会 場 McCormick Place Chicago, IL USA

POSTER SESSION Session 1710
日 時 2017年3月8日(水)10:00~12:00(CST)
会 場 Exposition floor, Aisel 2500-2600
Poster No (1710-4)
題 名 Automatized Measurement Both Recovery Rate and Quantification of Radioactive Strontium-90 Utilizing a Split Flow Connecting into Online Solid Phase Extraction System Prior to ICP-MS
発表者 ○古川真(パーキンエルマー)、高貝慶隆(福島大学)

日本分析化学会第65年会
日 時 2016年9月14日(水)~16日(金)
会 場 北海道大学工学部
主 催 (公社)日本分析化学会

口頭発表
日 時 9月15日(木)10:30~10:45
会 場 K会場
講演番号 K2006
題 名 スプリット流路を利用したオンライン固相抽出ICP-MSにおける回収率同時計測法の開発と放射性ストロンチウム90分析への応用
発表者 ○古川 真1,2,3 ・ 高貝 慶隆3,4
所 属 パーキンエルマー1 ・ 東大院農2 ・ 福島大理工3 ・ 福島大環境放射能研4
特別シンポジウム講演
日 時 9月16日(金)9:00~9:45
会 場 J会場
講演番号 JS3001
題 名 福島第一原発の汚染水対策における分析化学の挑戦 ~90Srの迅速計測と要素技術の開発~
発表者 ○高貝 慶隆1,2 ・ 古川 真1,3
所 属 福島大理工1 ・ 福島大環境放射能研2 ・ パーキンエルマージャパン3

Pittcon 2016
日 時 2016年3月8日(火)
会 場 Georgia World Congress Center (Atlanta, GA USA)
Exposition Floor, 400 Aisle
Abstract No 1100 - 13
題 名 Impact of Coexistent Elements and Its Concentration in the Quantification of Strontium-90 Using ICP-MS with Cascade Separation System
発表者 Yoshitaka Takagai, Aya Yokoyama, Takahiro Suzuki, Makoto Furukawa, Yutaka Kameo, Katz Suzuki

東北支部化学教育協議会 東北大会 
日 時 2015年9月12日(土)~13日(日)
会 場 弘前大学文教キャンパス
講演日時 2015年9月13日(日)10:45~11:25
講演会場 F会場(第3講義室)
セッション 分析・環境化学セッション 【招待講演】
講演番号 13F1
題 名 Inductively coupled plasma Quadrupole mass-spectrometric quantification of radioactive strontium 90 with cascade separation for the contaminated liquid samples of fukushima daiichi nuclear power plant
発表者 高貝 慶隆(福島大学)
内 容 共同研究による放射性ストロンチウム90に関する発表を予定しています。
主 催 公益社団法人 日本化学会東北支部

日本化学会第95春季年会(2015)
日 時 2015年3月26日(木)~29日(日)
会 場 日本大学理工学部 船橋キャンパス/薬学部
発表日時 2015年3月28日(土)9:40~10:30
発表会場 B4会場 14号館1454教室
分 類 [環境分析・質量分析]
講演番号 3B4- 06
題 名 カスケード型誘導結合プラズマ質量分析計の機能化による淡水試料中の放射性ストロンチウム分析
発表者 ○松枝誠1・古川真2・亀尾裕3・鈴木勝彦4・高貝慶隆1
所 属 1福島大共生システム理工・2パーキンエルマージャパン・3日本原子力研究開発機構・4海洋研究開発機構
概 要 ICP-MSにより実サンプル中のSr-90測定を実施し、放射線計測法との比較を実施しましたので報告いたします。また、高感度化のための改良点などについても解説する予定です。
主 催 公益社団法人 日本化学会

第11回茨城地区分析技術交流
日 時 2014年12月5日(金)
会 場 いばらき量子ビーム研究センター
題 名 福島第一原子力発電所事故に関わる計測技術の開発~放射性ストロンチウムのカスケード濃縮分離内蔵型ICP-MS法~
発表者 高貝 慶隆
所 属 福島大学
概 要 放射性ストロンチウム90を約30分以内で測定できる分析手法を共同研究により開発しました。
主 催 (公社)日本分析化学会関東支部・同茨城地区分析技術交流会

日本分析化学会 第63年会
日 時 2014年9月17日(水)11:00~12:00
会 場 広島大学東広島キャンパス 若手講演ポスター P会場
講演番号 Y1071
題 名 福島第一原子力発電所の堰内溜まり水(雨水試料)の90Sr分析を目的とするカスケード濃縮分離型ICP-MSシステムとミリベクレル(mBq)検出
発表者 ○松枝 誠1・古川 真2・亀尾 裕3・田中 究3・石森 健一郎・鈴木 勝彦4・高貝 慶隆1,5
所 属 1福島大理工・2パーキンエルマージャパン・3JAEA・4JAMSTEC・5環境放射能研究所
概 要 雨水試料中の放射性ストロンチウム90をmBq/Lレベルまで測定を行う手法について報告します。
主 催 公益社団法人 日本分析化学会

第74回分析化学討論会
日 時 2014年5月24日(土)~25日(日)
会 場 日本大学工学部
主 催 (公社)日本分析化学会

口頭発表
題 名 カスケード濃縮分離型ICP-MS法による福島第一原子力発電所の水処理装置(サリー)から発生する滞留水中のストロンチウム90迅速分析
発表者 高貝 慶隆(1,2)、古川 真(3)、松枝 誠(1)、亀尾 裕(4)、田中 究(4)、鈴木 勝彦(5)
所 属 1.福島大理工、2.福島大環境放射能研、3.パーキンエルマージャパン、4.原子力機構、5.JAMSTEC
発表概要 放射性ストロンチウムである90Srの迅速分析のためICP-MS法を開発しました。本システムを使用して福島第一原子力発電所より提供いただきました水処理装置から発生する滞留水中の定量分析を行い、従来法との定量的な比較・評価を行い、良好な結果が得られましたので報告します。/td>
ポスター発表
題 名 カスケード濃縮分離型ICP-MSストロンチウム90迅速分析法における1兆倍安定同位体Sr共存の影響とその定量値補正法
発表者 松枝 誠(1)、古川 真(2)、亀尾 裕(3)、鈴木 勝彦(4)、高貝 慶隆(1,5)
所 属 1.福島大理工、2.パーキンエルマージャパン、3.原子力機構、4.JAMSTEC、5.福島大IER
発表概要 I放射性ストロンチウムである90Srの迅速分析を目的とするICP-MS法を開発しました。本システムを使用して海底土や海水などを測定する際に生じる問題や解決策について報告し、汚染水分析の適用範囲についても紹介します。


PITTCON 2014
日 時 2014年3月2日(日)~6日(木)
会 場 McCormick Place Chicago, IL USA

ORAL SESSIONS Session 220
Nuclear Power Plant Chemical Analysis (Half Session)
発表日時 2014年3月2日(日)15:45~
会 場 Room S504a
題 名 Quantification of Radioactive Strontium-90 Using ICP-QMS with On-Line Serial Separation and its Application to Radioactive Contamination Survey
発表者 YOSHITAKA TAKAGAI, Fukushima University, Makoto Furukawa, Kameo Yutaka, Kiwamu Tanaka, Katz Suzuki
POSTER SESSION Session 2290
Trace Metals and Gasses by AA, ICPMS, ICAFS
日 時 2014年3月6日(木)10:00~14:00
コアタイム10:00~12:00
会 場 Exposition Floor, Back of Aisles 1000-2500
Poster No  (2290-5 P)
題 名 Isotope Ratio Analysis of 235U and 238U Nuclide Using a Microwave Digestion Associated with ICP-MS and the Soil Survey Related to Fukushima Daiichi Nuclear Disaster
発表者 MAKOTO FURUKAWA, PerkinElmer Japan Co., Ltd, Yutaka Kameo, Yoshitaka Takagai, Osamu Shikino, Tsugiko Takase

2013年度同位体比部会
日本質量分析学会同位体比部会
日 時 2013年12月4日(水)~6日(金)
会 場 湯坂温泉郷「賀茂川荘」
発表日時 2013年12月5日(木)15:20~15:40
題 名 四重極ICP質量分析計とカスケード分離型システムによる90Srの分析法の開発と海水,海底泥分析への応用可能性
発表者 ○鈴木勝彦(海洋研究開発機構)・高貝慶隆(福島大学)・古川真(パーキンエルマー)・亀尾裕(日本原子力研究開発機構)
主 催 日本質量分析学会

プラズマ分光分析研究会 第89回講演会
日 時 2013年10月4日(金)10:00~17:00
会 場 東京工業大学大岡山キャンパス 西9号館 ディジタル多目的ホール
発表時間 10:50-11:30
題 名 ICP-MSによるSr-90のオンライン分離分析と福島第一原子力発電所事故に関わる汚染調査
発表者 福島大学 共生システム理工学類 准教授  高貝 慶隆 先生
概 要 ICP-MSを用いて放射性ストロンチウムを迅速に測定できる手法を開発しています。本発表においては、分析手法の概要、従来法とのクロスチェック、福島県内100地点以上の土壌調査の現状と結果を報告予定です。
主 催 プラズマ分光分析研究会

日本分析化学会 第62年会
日 時 2013年9月12日(木)12:00~13:00
会 場 近畿大学・東大阪キャンパス 一般講演ポスター発表 P会場
講演番号 P3093
題 名 オンライン濃縮-酸素リアクションの連続自動前処理システムによる放射性ストロンチウム90のICP-MS分析法と福島第一原子力発電所事故に関わる広域土壌調査
発表者 ○高貝 慶隆1・古川 真2・松枝 真1・亀尾 裕3・鈴木 勝彦4
所 属 1福島大理工・2パーキンエルマージャパン・3日本原子力研究開発機構・4海洋研究開発機構
概 要 ICP-MSを用いて放射性ストロンチウムを迅速に測定できる手法を開発しています。本発表においては、分析手法の概要、従来法とのクロスチェック、福島県内100地点以上の土壌調査結果を報告予定です。
主 催 公益社団法人 日本分析化学会

環境放射能除染学会 第6回講演会(JASISコンファレンス)
日 時 2013年9月6日(金)10:00~15:30
会 場 幕張メッセ国際会議場 301会議室
題 名 福島第一原子力発電所事故に関わる90Sr飛散調査のための四重極型 ICP質量分析計とカスケード分離型システムの活用
発表者 福島大学 共生システム理工学類 准教授  高貝 慶隆 先生
概 要 ICP-MSを用いて放射性ストロンチウムを迅速に測定できる手法を開発しています。本発表においては、分析手法の概要、従来法とのクロスチェック、福島県内100地点以上の土壌調査結果、今後の活動内容について報告予定です。
主 催 環境放射能除染学会

プラズマ分光分析研究会 2013筑波セミナー
日 時 2013年7月5日(金)10:30~11:20
会 場 つくば国際会議場(茨城県つくば市)
題 名 放射性物質測定とその前処理
発表者 福島大学 共生システム理工学類 准教授  高貝 慶隆 先生
主 催 プラズマ分光分析研究会

環境放射能除染学会 第2回研究発表会
日 時 2013年6月5日(水)10:40~11:00
口頭発表プログラム(セッション5. 計測技術と環境モニタリング(1) S5-C 招待講演)
会 場 タワーホール船堀(東京都江戸川区)
題 名 ICP-QMSによる放射性ストロンチウム(90Sr)のためのカスケード分離型システムと福島第一原子力発電所事故に関わる90Sr飛散調査への応用
発表者 福島大学 共生システム理工学類 准教授  高貝 慶隆 先生
主 催 環境放射能除染学会

特別課題講演会「研究奨励賞を通して震災復旧を考える」
日 時 2013年5月24日(金)15:00~15:40
会 場 公益財団法人 新化学技術推進協会 会議室(東京都千代田区)
題 名 放射性ストロンチウムの迅速分析手法の確立と東京電力福島第一原子力発電所事故に係わる広域土壌モニタリング
発表者 福島大学 共生システム理工学類 准教授  高貝 慶隆 先生
主 催 公益財団法人 新化学技術推進協会

第73回分析化学討論会
日 時 2013年5月19日(金)13:20~13:40
会 場 北海道大学・函館キャンパス C会場
討論主題分類 3.11から考える分析化学 -復興・研究・教育-
題 名 放射性ストロンチウムのカスケード濃縮分離内蔵型ICP-MSの開発と福島第一原子力発電所事故に関わる土壌調査のための実証実験
発表者 ○高貝 慶隆1・古川 真2・亀尾 裕3・石森 健一郎3・鈴木 勝彦4
所 属 1福島大学共生システム理工学類 2株式会社パーキンエルマージャパン 3独立行政法人日本原子力研究開発機構 4独立行政法人海洋研究開発機構
主 催 公益社団法人 日本分析化学会

 

◆独立行政法人日本原子力研究開発機構 福島技術本部 広報誌に共同研究による開発技術が掲載されました。

 

◆2013年9月18日 国立大学法人福島大学 第55回定例記者会見

2013年9月18日(水)、「ストロンチウム90(放射性物質)の新しい迅速分析法を開発」についての記者会見が行われました。

2013年9月19日(木)
福島民報新聞
福島民報新聞
福島民友新聞
福島民友新聞
朝日新聞
朝日新聞
2013年9月21日(土)
毎日新聞
毎日新聞

 

共同研究(福島大学、独立行政法人日本原子力研究開発機構)論文 分析化学12月号掲載

  • マイクロウェーブ加熱分解/ICP-MS分析による土壌中235U及び238Uの同位体比分析と福島第一原子力発電所事故にかかわる広域土壌調査
    Isotope Ratio Analysis of 235U and 238U Nuclide Using a Microwave Digestion Associated with ICP-MS and the Large Areal Soil Survey Related to Fukushima Daiichi Nuclear Disaster

Yoshitaka TAKAGAI1, Makoto FURUKAWA2, Yoshitaka NAGAHASHI1, Tsugiko TAKASE1, Osamu SHIKINO2 and Yutaka KAMEO3

1Cluster of Science and Technology, Fukushima University, 1, Kanayagawa, Fukushima-shi, Fukushima 960-1296
2PerkinElmer Japan Co., Ltd., 134, Godo-cho, Hodogaya-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 240-0005
3Nuclear Cycle Backend Directorate, Japan Atomic Energy Agency, 2-4, Shirane, Shirakata, Tokai-mura, Ibaraki 319-1195

 

◆2011年10月6日 PerkinElmer.Inc CEOのRobert F. Friel より “震災復興支援への多大なるご貢献” に対して感謝状と盾が贈られました。

 

◆2011年8月4日 記事掲載

 

◆2011年8月3日 共同記者発表

 

◆2011年8月3日にニュース報道

福島テレビ、はまなかあいづで「福島大学が土壌や河川の放射線量などを分析する装置を新たに導入」と報道されました。

土壌の放射性セシウムなどを分析するガンマーカウンター、河川の放射線量などを測定する液体シンチレーションカウンターなどを利用。それにより今まで1つの検体の分析に数時間かかっていたのが10分程度になり、作業効率が飛躍的に向上した。これらの分析で得られたデータを今後ホームページ上で公開する予定。

福島テレビ スーパーニュース はまなかあいづ