筋管細胞の分化の定量 | ハイコンテンツアナリシス論文ピックアップ - PerkinElmer Japan

筋管細胞の分化の定量

Genome-Wide Exploration of miRNA Function i Mammalian Muscle Cell Differentiation

Polesskaya A et al., PlosOne 2013

キーワード: 筋管細胞、筋分化、miRNAスクリーニング、創薬

 

Operettaハイコンテツイメージングシステムは、機能欠損スクリーニングからヒット化合物を選別するために使われています。

候補となるmiRNAは、異所的に発現しており、筋肉細胞への分化に影響を与えるmiRNAです。分化の間、筋芽細胞は増殖を止め、ミオシン重鎖 (MHC)を発現する多核細胞、筋管を形成します。LHCN-M2 ヒト筋芽細胞は、96ウェルプレートに播種され、10倍レンズで撮像されました。すべてのウェルで、11視野撮像されています。核は、ヘキストで染色され、筋MHCは抗MHC抗体で標識され、Alexa 488で標識されました。続けて、筋細胞の分化が、筋MHCの発現量と融合インデックス(少なくとも3つの核を含む筋管細胞の総核数を全体の核数で割ったもの)で評価されました。ヘキストチャネルは、総細胞数と、筋管細胞中の核数のカウントに利用されました。

原著へのリンク