inForm 組織標本解析ソフトウェア - PerkinElmer Japan

inForm 組織標本解析ソフトウェア

Vectra シリーズ に標準搭載されている病理組織解析ソフトウェア で、組織切片の定量的な画像解析を実現します。独自の学習機能によりROIの領域分けから定量、細胞内のシグナルの数値化、大量なデータのバッチ処理までを可能とする優れたソフトウェアです。 inForm は客観的な解析方法により、高い再現性と信頼性を実現します。


特長
  • 明視野、蛍光いずれの画像にも対応
  • 自家蛍光除去し正確なシグナル検出
  • 組織切片内の細胞シグナルを定量化
  • 独自の学習機能により組織領域分け
  • バッチ処理による大量データ処理

解析フロー : 解析は矢印に沿って行う簡単な操作を実現


画像解析フロー例

画像をクリックすると拡大します


用途
  • 毒性評価
  • 炎症領域部分の面積定量解析
  • 肉芽腫の定量解析
  • 癌組織におけるシグナル共局在性の診断マーカー
  • 蛍光多重染色による細胞フェノタイピング
  • 腫瘍組織中の陽性率のスコアリング

アプリケーション
   

領域分け



組織の形態、色調などの特長を基にアルゴリズムを自動作成し領域分けします。
左:領域分け前 DAB染色画像 右:領域分け後 腫瘍(赤)/ 間質(緑)

 

面積算出



領域分けしたエリア面積を定量的に算出します。

核検出と細胞数算出


ROI内における核の染色シグナルを検出し、細胞数を算出します。

 

Pathology View


蛍光免疫画像をHE染色やDAB染色様の明視野病理染色画像に変換できます。

自家蛍光除去


Vectra・Mantraで撮影した画像は、自家蛍光スペクトルをinFormに認識させることで組織が持つ自家蛍光を除去できます。
左:自家蛍光除去前 右:自家蛍光除去後

 

陽性率算出


ROI内の細胞シグナル陽性率を算出します。

スコアリング


ROI内の細胞シグナルを0/1 + / 2 + / 3 + /4+・・・とスコアリンできます。スコアリングは最大50段階までできます。

 

共局在性スコアリング


ROI内の細胞シグナルをダブルネガティブ、シングルポジティブ、ダブルポジティブに分別できます。

Phenotyping


マーカー染色したターゲットに対して、フェノタイピングできます。フェノタイピングした結果を信頼性で表示できます。

 

データ出力


算出した面積、細胞数、細胞シグナル量など、細胞毎のデータおよび解析画像をデータ出力できます。

バッチ解析


多くの画像を同時に解析できます。

 

アプリケーション例
肝肉芽腫の形態面積定量解析


(左)HE 染色肝組織切片 (右)肝組織切片から肝肉芽腫を認識後、定量化

細胞表現型解析

腫瘍組織における免疫細胞の表現型解析