トピックス - PerkinElmer Japan

トピックス

各記事の内容・詳細については、お問合せください。

Opera Phenixがテレビ番組で紹介されました。

讀賣テレビ かんさい情報ネット 「ten.」の「ゲキ追 iPSビジネス最前線」(2016年10月24日 放送)にて、再生医療にかかわるビジネスの一環として、パーキンエルマー社が誇るハイコンテンツスクリーニングの最上位機種Opera Phenixを導入していただいてる製薬会社さんの現場で、どのように使用されているかをご覧いただけます

検索ワード: ゲキ追 iPSビジネス最前線

 

 

 

↑Page Topへ


第31回近赤外フォーラムにて最優秀ポスター賞をいただきました。

このたび、2015年11月25日(水)~27日(金)に開催された第31回近赤外フォーラムのポスター発表にて、メダカ卵子のNIRイメージングに
ついて発表し、最優秀ポスター賞をいただきました。

「近赤外イメージングによるメダカ卵子の分析」

 

↑Page Topへ


2015年9月30日付けの「工業技術新聞」に分子分光分析装置が紹介されました。

画像をクリックすると記事をご覧いただけます。

2015年9月30日「工業技術新聞」

 

↑Page Topへ


NexION350がScientists' Choice Award 2015を受賞しました。

NexION350がScientists' Choice Award 2015のBest Spectroscopy Productに選ばれ、Pittconにおいて表彰されました。Scientists' Choice Awardは各国の研究者の投票により決定される賞です。
NexION350 の持つ様々な特長が受賞理由として挙げられました。

  • 業界最速のデータ取り込み速度
  • 精確なナノ粒子分析が可能であること
  • 卓越した安定性
  • マトリックスによる汚染を最小限にする装置構造

詳細はこちらから

 

↑Page Topへ


茨城県工業技術センターとのレアメタル回収技術に関する共同研究がHydrometallurgyに掲載されました。

タイトル 「Separation and Concentration of Indium from a Liquid Crystal Display via Homogeneous Liquid-Liquid Extraction」
和訳タイトル 「均一液液抽出法による液晶からのインジウム分離・濃縮」
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304386X13001096
要約 工業製品に必要不可欠なレアメタルをはじめとする金属は限りある資源です。資源に恵まれない日本においては使用済み家電等を鉱石とみなした都市鉱山からの金属回収が注目を浴びています。本研究においては,均一液液抽出法(HoLLE)を用いて携帯電話液晶ガラスからインジウムを分離・濃縮し,ガラスを含めたトータルリサイクルシステムを開発しました。携帯電話液晶ガラスから塩酸によりインジウム等を浸出した結果に基づき,HoLLEを行ったところ95 %以上の回収率および438 倍の濃縮倍率でインジウムが濃縮され,本法の有用性が確認されました。
なお,パーキンエルマージャパンは,液晶ガラスのマイクロ波加熱分解処理やICP発光による組成分析検討などにおいて研究支援させていただきました。

 

↑Page Topへ


社団法人日本分析化学会 機関誌『ぶんせき』2013年4月号に
パーキンエルマージャパン 会社訪問記が掲載されました。

画像をクリックすると記事をご覧いただけます。

機関誌「ぶんせき」2013年4月号

 

↑Page Topへ


2012年11月16日、野村不動産から感謝状を頂きました。

このたび、横浜ビジネスパークで開催した「ホタルがすむ街づくり展2012」において野村不動産より感謝状を頂きました。

感謝状

 

↑Page Topへ


週刊東洋経済(2012年8/11-18)に記事が掲載されました。

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

週刊東洋経済

↑Page Topへ


Optima™ 8300 ICP-OESがSelectScienceの2011 Best Spectroscopy Product賞を受賞しました。

2012年3月に開催されたPittsburgh conference(Pittcon)にて、Optima™ 8300 ICP-OESが SelectScienceの2011 Best Spectroscopy Product賞を受賞しました。

*SelectScience とは、世界中の科学者会員4万人以上から構成された総合科学情報サイトです。2011 Best Spectroscopy Product賞は、会員の投票によって決定されています。

 

↑Page Topへ


化学と工業3月号に記事が掲載されました。
「ICP-MSを用いた放射性物質の広域調査」

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

化学と工業3月号

↑Page Topへ


2012年2月20日付けの「CHEMICAL & ENGINEERING NEWS」に
Perkinelmer lends a hand in Japanとして震災復興支援の内容が掲載されました。

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

CHEMICAL & ENGINEERING NEWS

↑Page Topへ


PHARM TECH JAPAN Vol.28にOneSourceラボラトリーサービスが掲載されました。

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

PHARM TECH JAPAN Vol.28

↑Page Topへ


2011年12月14日付けの「日本経済新聞」に
パーキンエルマージャパンのCSR活動の取り組みについて記事が掲載されました。

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

2011年12月14日付けの「日本経済新聞」にパーキンエルマージャパンのCSR活動の取り組みについて

↑Page Topへ


2011年11月18日、野村不動産から感謝状を頂きました。

このたび、横浜ビジネスパークで開催した「ホタルがすむ街づくり展2011」において野村不動産より感謝状を頂きました。

 

↑Page Topへ


2011年11月4日付けの「日刊工業新聞」にOneSourceの記事が掲載されました。

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

2011年11月4日付けの日刊工業新聞

↑Page Topへ


パーキンエルマージャパンの業務内容、活動を紹介するコーナーが放映されることになりました。
これに先駆け、8月29日発売の週刊ダイヤモンドに弊社代表取締役社長のインタビュー記事が掲載されました。

株式会社パーキンエルマージャパンは2011年8月4日にBSTVの取材を受け、横浜本社をはじめ、当日午後に六本木アカデミーヒルズで開催された放射能分析セミナーの模様など撮影が行われました。これらパーキンエルマージャパンの業務内容、活動を紹介するコーナーが、BSTV 「賢者の選択」という番組内で放映されることになりました。下記スケジュールで放映予定ですので、是非ご覧ください。

  • 日経CNBC 【全国放送】 9/4(日)12:00-12:54
  • BS11 【全国放送】 9/4(日)10:00-10:54
  • SUN TV 【大阪府・兵庫県全エリア】 9/5(月)22:00-22:54

これに先駆け、8月29日発売の週刊ダイヤモンドに弊社代表取締役社長のインタビュー記事が掲載されました。

週刊ダイヤモンド

↑Page Topへ


「フードケミカル8月号」に放射性物質の分析についてパーキンエルマー社の製品が紹介されました。

バイアル搭載本数などについては、別途お問合せください。

フードケミカル8月号

↑Page Topへ


8月4日付けの「食品化学新聞」に原子吸光分析装置 PinAAcleが紹介されました。

2011/8/4付けの食品化学新聞

↑Page Topへ


「ジャパンフードサイエンスvol.50」、「食品と開発vol.46」に、
放射性物質の分析についてパーキンエルマー社の製品が紹介されました。

画像をクリックすると記事がご覧いただけます。

ジャパンフードサイエンスvol.50食品と開発vol.46

 

↑Page Topへ


6月30日付けの「食品化学新聞」に放射性物質の分析についてパーキンエルマー社の製品が紹介されました。

食品化学新聞

 

↑Page Topへ


社団法人日本分析化学会中国四国支部から表彰を受けました。

長年に渡り株式会社パーキンエルマージャパンは、社団法人日本分析化学会中国四国支部が開催する
分析化学講習会に積極的な無機分析(マイクロウェーブ、原子吸光分析、ICP発光分析およびICP質量分析)に
おける技術支援を行ってまいりました。この度、その功績が認められ表彰を受けました。

 

↑Page Topへ


パーキンエルマージャパンが表彰されました。

このたび、マイクロウェーブ試料分解システムを用いた前処理手法において社団法人日本セラミックス協会より
株式会社パーキンエルマージャパン ディスカバリー・アナリティカル・ソリューションズ部 分析機器営業本部(旧EH分析事業部)が表彰を受けました。

「JCRS109ファインセラミックス用 アルミナ微粉末中の環境影響成分の化学分析方法」(平成18年11月30日)

 

 

今後も更なる社会貢献に向けて社員一同取り組んでまいります。