ポータブルGCMS ついに発売! | Stories - PerkinElmer Japan

ポータブルGCMS ついに発売!

バリバリ、もぐもぐ、ゴクリ。 これらの音は食べ物を食べる時に幾度となく聞かれます。しかし残念なことに食べ物や食品包装紙製品は有害物質で汚染されることが割とよくあります。どうやったら、止められるのか? 願わくば、生産者や輸入者が問屋に卸す前にカビの有無や何か混入されたような形跡がある輸入食品を検査することが可能であればいいのですが

そこで、世界で初めてのポータブル型軽量ガスクロマトグラフ質量分析計 Torion T-9 GC/MSの登場です!

このGC/MSは何ができるのかご説明します。Torion T-9 GC/Mは5分以内で製品の中に入っている数種類の汚染物質を検出が可能です。時間短縮により、コストセーブができ、さらにもっとも重要な品質管理の質を向上させることが可能です。

2015年の8月にパーキンエルマー社が開発したTorion 技術、ポータブル型GC/MSは、製品中の化合物や、食べ物中の汚染物質の検出を現場で行える革命的な製品です。重さは約14kg、充電電池を搭載した Torion T-9 GC/MSはその場でサンプル測定が行えます。ポータブル型GC/MSであれば、サンプルをラボへ送付、返送の必要がないため、輸送中の分解が無く安定した結果を現場で得ることが可能です。もし、コンテナー貨物の品質管理試験を自社ラボで行うと、輸送時間・測定時間に時間を要し、さらに測定ミスが発生した場合、コンテナーは港に残され、消費者に製品が届くまでに長い期間を必要とするでしょう。 時間を短縮し、コスト削減し、潜在的なリコールを減らしてしまいましょう!

犯罪捜査においては現場でからラボにサンプルを輸送することなく、現場で測ることで輸送によるダメージ回避でき、物的証拠の完全性を保つこともなります。Torion T-9 GC/MS は空気汚染の確認もすることが可能です。 Torion は空気中の肺がんになる可能性がある発癌性物質を検出することが可能になるでしょう。
新しい可能性を秘めたこのポータブル型 GC/MSはますます成長を続け、私たちに安全なバリバリ、もぐもぐの一口を約束してくれることでしょう。