脅威の治癒力を備えた細胞 | Stories - PerkinElmer Japan

脅威の治癒力を備えた細胞

幹細胞は生物の基盤となっている細胞です。内臓、組織、血液、免疫システムに含まれており、神経細胞や血液細胞といった新たな幹細胞に再生する能力を備えています。このような驚くべき能力を備えた幹細胞は、医療においてとても重要なものです。人体に移植された幹細胞は、損傷または病気になった細胞を修復、あるいはそれにとって代わり、患者の健康を改善し、多くの場合、患者の命を救うことになるでしょう。

臍帯血に隠された素晴らしい効果

新生児の臍帯内に含まれる血液には、自己再生能力を備えた若い幹細胞が含まれているため、特に貴重なものです。臍帯血幹細胞を使うことで、損傷している子供の血液細胞が健康なものに置き換えられ、免疫システムが強化できることが実証されています。臍帯血バンクでは、医療用にこのような幹細胞を収集、保存しています。現在、世界中の小児輸血の半分近くに臍帯血が使用されています。驚きの治癒力を備えたこの細胞を使用して、今日までに3万件以上の輸血が行われていますが、臍帯血の効果は驚くべきものです。

臍帯血のメリット

臍帯血幹細胞は、癌から血液疾患、免疫不全に至るまで、80近くの重篤な病気の治療に使用できます。この素晴らしい細胞の効果は実証済みで、小児輸血に使用する幹細胞として臍帯血の使用が急激に拡大しています。また、研究の進歩により、治療での効果がさらに拡大しています。詳細を図解した資料を是非ご一読(そして共有)ください

新たな研究

ViaCord社では、著名な研究機関とのコラボレーションにより、臍帯血や臍帯組織の潜在能力を高め、これまで治療不能だった病気の治療法を発見に努めています。ViaCord社は長年、応用開発に参加して、新生児幹細胞の価値を高めています。ViaCord社にとって、このような科学的専門知識がすべての基盤になっています。

臨床試験の推進

ViaCord社はデューク大学で実施中のFDA認証取得済みフェーズI臨床試験をサポートしています。この臨床試験では、ASD(自閉症スペクトラム障害)患者に自身の臍帯血幹細胞を注入し、その安全性と効能を確認しています。この研究は、多数の家庭で発生しているこの複雑な障害の理解を深めるために行われています。

治癒力を活用

臍帯血幹細胞は画期的な治療法として、移植治療で大きな役割を果たしています。ViaCordはより多くの人々が臍帯血幹細胞の治癒力を活用できるようにサポートしています。今日まで、35万人近くの新生児の臍帯血を保管し、他の臍帯血バンクよりも多くの臍帯血を医師や研究者に提供しています(280以上)。

参考資料については、http://www.viacord.com/references/をご覧ください。

免責事項:臍帯血の保管は治療の成功を保証するものではなく、医師だけがその使用時期を判断することができます。臍帯組織幹細胞は治療用には承認されていませんが、研究が進んでいます。

 

*本サービスは日本国内で提供しておりませんので、御了承ください。このサービスに関しましてのお問い合わせはweb問合せまたはディスカバリー・アナリティカル・ソリューションズ事業部 ライフサイエンス営業本部 045-339-5862までご連絡ください。