特注サービース - PerkinElmer Japan

特注サービース(標識サービスおよびカスタムマイクロプレート)

125Iおよび131Iヨウ素標識サービス

提供頂いた被標識体(0.1 - 0.5 mg)のヨウ素標識を行い、分子の大きさにより HPLC あるいはオープンカラムクロマトグラフィーで、標識体から非結合のヨウ素を取り除くサービスです。通常、標識体を TLC で分析し、放射性遊離ヨウ素の割合は 5% 以下を確認しています。弊社での文献検索や、経済的に迅速なラベリングと納品を実現するために、お客様には可能な限り標識方法や文献の提供をお願いしています。ヨウ素標識には以下の種類があります。

ヨウ素標識表 125I 131I
製品番号 製品番号

クロラミン-T法(Chloramine-T)

パーキンエルマーの125I標識化合物製造で、最も一般的に用いられている標識法です。[125I]または[131I]ヨウ化ナトリウムをクロラミンTにより酸化して、活性型の[125I]I+を生じさせます。効率よくチロシン残基に放射性ヨウ素を導入できますが、その酸化力の強さや、反応持続時間が短いことから注意が必要です。パーキンエルマーでは多くの経験を有しますので、安心してお任せ頂けます。


Ref. Hunter, W.M. and Greenwood, F.C., Nature 194 495 (1962).

NEX084 NEX084A

アイオドジェン法(IODO-GEN®)

酸化剤としてクロラミンTの代わりにアイオドジェンを用いる標識法です。脂溶性のアイオドジェンを反応容器にコーティングしたものを使いますので、酸化反応が溶液全体で起きず、穏やかな反応が行えます。また、クロラミン -T のように反応停止に還元剤を用いないため、ジスルフィド結合を開裂する可能性が低くなります。

NEX244 NEX244A

ボルトン-ハンター試薬(Bolton-Hunter Reagent)

ボルトン - ハンター試薬を用いて、タンパク質のリジン残基の e-アミノ基および N末アミノ基を標 識します。チロシン残基を標識したくない場合の選択肢となりますが、 125I よりも大きな 3-(3-iodo-4-hydroxyphenyl)propanoyl 基(MW 290)が結合しますので、生理活性が変化する可能性があります。


Ref. Bolton, A.E. and Hunter, W.M., Biochem J. 133 529-539 (1973).

NEX088 NEX088A

ラクトパーオキシダーゼ法

過酸化水素存在下で、ラクトパーオキシダーゼによって [125I] ヨウ化ナトリウムが酸化されることを利用する方法です。アイオドジェンと同じく反応が穏やかですが、他の方法と違い反応pHが中性ですので、アルカリ条件化で不安定な物質の標識に向きます。

Ref. Morrison, M., Gunma Symp. Endocrinol., 5, 239 (1968).

NEX083 NEX083A

置換法

臭素などのハロゲンを導入した前駆体に対し125Iの置換反応を行うものです。

References: Coenen, H.H. et al., "No-Carrier-Added Radiohalogenation Methods with Heavy Halogens", Radiochimica Acta, vol. 34, pp. 47-68 (1983).

NEX086 NEX086A
その他の標識法 NEX999 NEX999A

 

注意事項(必ずお読みください。別ウィンドウで開きます。)

 

アッセイ標識サービス

パーキンエルマーでは、高感度アッセイシステムとしてヘテロジニアス時間分解蛍光アッセイ系DELFIA、ハイスループットホモジニアスアッセイ系としてAlphaScreenとTR-FRETあるいはTR-FQAとして用いるLANCEを提供しています。それぞれのアッセイ系を構築するため、システムに適したカスタム標識を承っています。

  • DELFIA あるいはLANCEランタノイドキレートによるペプチド標識
  • LANCEランタノイドキレートとクエンチャーによるTR-FQA用ペプチド標識
  • DELFIAあるいは LANCEランタノイドキレートによる抗体・タンパク質標識
  • ペプチドあるいはタンパク質のULight標識
  • 抗体やタンパク質のAlphaLISAアクセプタービズへのカップリング
  • 抗体やタンパク質のAlphaScreenドナービーズまたはアクセプタービーズへのカップリング
  • 抗体やタンパク質のビオチン標識あるいはFITC標識

打ち合わせの後、見積もりをさせて頂きますので、詳細はお問い合わせ下さい。

 
ヌクレオチドの蛍光あるいはタグ標識サービス

パーキンエルマーでは、マイクロアレイハイブリダイゼーションに使用されている多種類の蛍光あるいはビオチン標識ヌクレオチドアナログを販売しています。また、お客様のご要望に応じて、標識ヌクレオチドの特別合成と精製を行います。市販のアミン反応性(NHS-, ITC- 等)蛍光物質あるいはタグ、または、お客様から提供いただくタグを用いて、弊社で各種のアミノ修飾ヌクレオチドと反応を行い、高度な精製技術により高純度ヌクレオチドアナログをご提供致します。

 

カスタムマイクロプレート

すべてのパーキンエルマー製プレートは、下記カスタムサービスが可能です。50枚から承っています。カスタムコーティングについては、事前評価用のサンプルとして5枚パッケージもご提供します。価格等の詳細はお問い合わせください。

  • プレートの梱包の変更(個別包装、5枚ごと、10枚ごとなど)
  • バーコードシール
  • 細胞培養用コーティング
    • TC処理(プラズマ放電による表面親水性処理)
    • PDL (Poly-D-Lysine)
    • Collagen-I  
    • その他