Ultima-Flo AP フローシンチレーションアナライザー用カクテル - PerkinElmer Japan

Ultima-Flo™AP フローシンチレーションアナライザー用カクテル

製品コード パッケージ
6013599 2 x 5 Liter
消防法区分 危険物等級 危険物データベースNo.
危険物第四類 第三石油類 非水溶性液体 危険物等級Ⅲ 4051-183901

製品詳細

Ultima-Flo AP は 2.0 M までのリン酸アンモニウムを容易に混和でき、また様々なサンプルで高い計数効率が得られながら、クエンチングの影響を受け難いカクテルです。 Ultima-Flo シリーズの中では、最も粘性の低いカクテルです。

 

特長
  • 高サンプル保持量
  • 高い計数効率
  • 低粘度
  • ゲル化しない
  • 高引火点(120℃)
典型的なリン酸アンモニウム (pH 3.8). の保持量


異なる濃度のリン酸アンモニウム (pH 3.8) の典型的なトリチウム計数効率


異なるサンプルでの計数効率


典型的なトリチウム計数効率
Typical sample load capacities for Ultima-Flo AP (at 20℃) .
サンプル 最大保持量 最適混合比
(Cocktail:Sample)
Deionized Water 50.0 % 1: 1
Methanol/Water (50/50) 28.6 % 3: 1
Methanol 50.0 % 1: 1
Acetonitrile/Water (50/50) 31.0 % 3: 1
Acetonitrile 50.0 % 1: 1
0.2 M NaCl 33.3 % 2: 1
1.0 M PBS 31.0 % 3: 1
0.5 M PBS 37.5 % 2: 1
0.1 M PBS 50.0 % 1: 1
0.01 M PBS 33.3 % 2: 1
1.0 M NaOH 23.1 % 4: 1
0.5 M NaOH 28.6 % 3: 1
0.1 M NaOH 50.0 % 1: 1
0.05 M Na2HPO4 50.0 % 1: 1
0.01 M PO4/ Methanol (50/50) 28.6 % 3: 1
0.01 M PO4/ Acetonitrile (50/50) 33.3 % 2: 1
0.01 M PBS/Methanol (50/50) 28.6 % 3: 1
0.01 M PBS/ Acetonitrile (50/50) 28.6 % 3: 1
5.0 M Guanidine 19.4 % 4: 1
2.0 M Guanidine 31.0 % 3: 1
1.0 M Guanidine 50.0. % 1: 1

All Ultima-Flo cocktails have been successfully tested for biodegradability according to OECD 301E procedures (ISO method 7827-1984, Severn-Trent Laboratories, Coventry England, a NAMAS 0691 accredited testing center).

Ultima-Flo AP is manufactured under the following patents: U.S. patent no. 5,410,155; European patent no. 0 615 139.