販売終了のお知らせ | 液体シンチレーションカクテル - PerkinElmer Japan

販売終了のお知らせ

Aquasol-2

長年ご愛顧いただきました乳化シンチレーションカクテルAquasol-2(6NE9529)が、2011年に製造を終了致しました。
1970年代に造られたAquesol-2 はキシレンとプソイドクメン混合物を溶媒としており、引火点が36℃と低く揮発性も高い製品です。お客様の作業環境の安全性を考慮した結果、引火点が高くより安全性の高い液体シンチレーションカクテルへの切り替えが可能となっていることから、製造を中止する判断に至りました。
同じ乳化シンチレーションカクテルで代替えとなるは、プソイドクメンを溶媒とする Insta-Gel Plus(引火点:48℃)となります。
なお、Insta-Gel Plus 以外にもゲル化領域を持たないジイソプロピルナフタレンを溶媒とする高引火点の液体シンチレーションカクテル、Ultima Gold を取りそろえております。

液体シンチレーションカクテルの溶媒が、置換ベンゼン(キシレン、プソイドクメンや直鎖アルキルベンゼンなど)の場合と、多環芳香族(ジイソプロピルナフタレン)とでは、クエンチング特性が異なり、エネルギーの低いβ線(トリチウム)測定で特に影響を受けます。
弊社の液体シンチレーションアナライザー(Tri-Carb)で、Ultima Gold を使った測定を行う場合には、Ultima Goldのクエンチングカーブが登録されていることをご確認ください。Tri-Carb設定についてご不明の点が在りましたら、ライフサイエンス事業部 サービスグループ コールセンター(045-339-5889)までお問い合わせください。

代替え製品

ATOMLIGHT, Pico-Fluor 40

乳化シンチレーションカクテルATOMLIGHT (6NE9689)および高いサンプル保持量を持つPico-Fluor 40 (6013341, 6013349)は2011年に製造を終了致しました。

代替えとなる製品は、使用する界面活性剤を環境に優しいアルコールエトキシレート系に変更したPico-Fluor Plus (6013691, 6013699)となります。溶媒はプソイドクメンを使っていますので、シンチレーション計測のクエンチング補正はそのままお使いいただけます。

代替え製品