AlphaLISA - Human IgM Immunoassay kit - PerkinElmer Japan

Human IgM Immunoassay kit

IgMは、B細胞によって産生される巨大な免疫グロブリンであり、およそ900 kDaの五量体を形成します。IgMは、主に血清中に存在しますが、IgAと共に分泌タンパク質としても存在します。IgMは、補体の活性化効率が非常に高く、感染プロセス初期に出現します。高い親和性によって多量体を形成したIgM自然抗原は、血液型不適合妊娠(AあるいはB抗原)の原因となります。IgM欠乏症は、異常ガンマグロブリン血症と呼ばれ、これは、他の免疫グロブリンの欠乏も含んでいます。高IgM症候群は、IgMから他の免疫グロブリン・サブタイプへのクラススイッチの欠陥が関連しています。

AlphaLISA IgM kitは、血清または細胞培養液中のヒトIgMを定量するためにデザインされたキットです。インキュベーション2回の標準プロトコールとインキュベーションを3回行う高感度プロトコールがあります。

 

測定感度・範囲

ダイナミックレンジ: 511 - 3,000,000 pg/mL (in AlphaLISA immunoassay buffer)

平均検出下限

標準プロトコール (n=18): 511 pg/mL (in AlphaLISA immunoassay buffer)
高感度プロトコール (n=2): 17.8 pg/mL (in AlphaLISA immunoassay buffer)

凍結保存したヒト血清の測定値 (n=20): 0.25 - 0.64 mg/mL(平均値 0.40 mg/mL)

 

標準曲線 (2ステップ 標準プロトコール)


 

標準曲線 (3ステップ 高難度プロトコール)

 

 

交差性

測定物質  交差性 (%)
ヒトIgA1  0.3
ラットIgM  0.2

ヒト IgA2、IgD、IgEおよびIgG, ヤギ IgG, ウシ、マウスあるいはウサギ IgMとの交差性は 0%

 

キット内容物
  • AlphaLISA Acceptor beads coated with Anti-Analyte Antibody 1
  • Streptavidin-coated Donor beads
  • Biotinylated Anti-Analyte Antibody 2
  • Lyophilized analyte
  • AlphaLISA immunoassay buffer (10X)

*Lyophilized analyte および Buffer は別途購入も可能です。

製品名 パッケージ 製品コード
Human IgM immunoassay kit 500 assay points*
5,000 assay points*
AL263C
AL263F
Human IgM, lyophylized 3 µg AL263S
AlphaLISA immunoassay buffer, 10X 10 mL
100 mL
AL000C
AL000F

* 1 assay pointsは、推奨の試薬量(サンプル5µl, トータルボリューム50µl)で使用した場合の1ウェル分に相当します。