エピジェネティクス - PerkinElmer Japan

エピジェネティクス

--- LANCE™ Ultra, AlphaLISA™ヒストン修飾酵素阻害剤スクリーニングシステム ---

遺伝子発現調節におけるエピジェネティックな変化は、クロマチン構造変化などによって引き起こされます。クロマチン構造は、その構成成分であるDNAのメチル化や、ヒストンのアセチル化・メチル化・リン酸化などによって変化することが知られています。近年、特にヒストンのメチル化・脱メチル化が遺伝子発現制御に重要な役割を果たしていることが明らかになってきました。最近では、これらのヒストン修飾と疾病の関連性も示唆され、エピジェネティック酵素をターゲットとして創薬が既に始まっています。

パーキンエルマーは、ヒストン修飾酵素の阻害剤スクリーニングのために、ヒストンペプチド基質あるいはヒストンタンパク質基質のメチル化/アセチル化を検出するヒストン修飾酵素アッセイと、細胞に内在するヒストンの修飾を検出する細胞ベースのアッセイ、2つのアッセイプラットフォームを提供します。

  • ヒストン修飾酵素アッセイ
    ヒストンペプチト基質あるいはヒストンタンパク質基質のメチル化/アセチル化修飾を、LANCE Ultra または AlphaLISAテクノロジーで検出します。

  • 細胞ベースアッセイ
    細胞内のヒストン修飾をAlphaLISAテクノロジーで検出します。
       

* AlphaLISA測定にはAlpha対応測定機(Enspire またはEnVision)が必要です。