AlphaScreen PhosphoSensor Kit - PerkinElmer Japan

AlphaScreen PhosphoSensor Kit

↓画像クリックで拡大します。

↑画像クリックで拡大します。

ストレプトアビジン結合ドナービーズとルイス金属(Lewis metal)イオンキレートをコーティングしたアクセプタービーズを用いるホモジニアスアッセイです。特異性の高い抗体の入手が難しいセリン/スレオニンキナーゼ活性の検出が可能です。基質としてビオチン化したペプチドまたはタンパク質のいずれもが使用できます。
評価するキナーゼによりリン酸化されたペプチド・タンパク質は、ドナービーズにビオチン・アビジンを介して結合し、更にリン酸基にアフィニティーを持つアクセプタービーズが結合しますので、それをAlphaScreen法により検出します。ATP濃度や、基質の電荷により系が影響を受けますので、アッセイ系の最適化が必要です。

拡大画像 拡大画像

ルイス金属イオンキレートの特性から、まだ報告はありませんが下記のアッセイ系も構築できる可能性があります。

  • Lipid Kinase/ phosphatase assays
  • Phospholipase assays
  • Protein Phosphatase assays
  • Phosphodiesterase assay
  • Nitrosylation assay
  • Sulfotransferase assay

プロトコール

AlphaScreen PhosphoSensor Assay 384 Kit

参考資料

AlphaScreenによる抗体を用いないタンパク質キナーゼアッセイの開発