キナーゼ - PerkinElmer Japan

キナーゼ

パーキンエルマーでは主にタンパク質リン酸化酵素の活性を評価する下記のアッセイ系を提供しています。

Kinase Connection AlphaScreen SureFire DELFIA Western Blotting FlashPlate LANCE Ultra AlphaScreen LANCE AlphaLISA DELFIA

アッセイプラットフォーム

Cellular Assay


ホモジニアス(Mix & Measure)アッセイ
  • AlphaScreen SureFire / AlphaLISA SureFire Ultra
    分子間の相互作用検出を目的とした、ビーズベースの高感度な Mix & Measure アッセイであり、サンドイッチイムノアッセイによって細胞内在性のプロテインキナーゼ活性を簡単に検出することができます。
ヘテロジニアスアッセイ
  • DELFIA
    Eu 標識抗リン酸化抗体を用いた、ELISA に代わるアッセイです。二次スクリーニングやヒット化合物の検証に用いられる実績のあるアッセイです。

Biochemical Assay


ホモジニアス(Mix & Measure)アッセイ
  • Alpha
    分子間の相互作用検出を目的とした、ビーズベースの高感度な Mix & Measure アッセイであり、ペプチドあるいは全長タンパク質のリン酸化を測定可能です。
  • LANCE / LANCE Ultra
    Tyr あるいは Ser/Thr キナーゼアッセイに最適な TR-FRET アッセイです。LANCE Ultra では、標的とする Tyr または Ser/Thr キナーゼに対する、最適な組み合わせの Ulight 標識ペプチドと、Eu 標識抗リン酸化抗体から成る試薬をお使いいただけます。
  • FalshPlate
    タンパク質、ペプチドあるいは脂質などの基質を FlashPlate に固定し、リン酸供与体として[γ-33P]ATP を用いた Mix & Measure キナーゼアッセイです。
ヘテロジニアスアッセイ
  • DELFIA
    Eu 標識抗リン酸化抗体を用いた、ELISA に代わるアッセイです。二次スクリーニングやヒット化合物の検証に用いられる実績のあるアッセイです。
  AlphaScreen
/ AlphaLISA
LANCE LANCE Ultra DELFIA FlashPlate Filter Assay
Antibody free Antibody based Cell based
Mix & Measure × ×
RI - - - - - - 33P 32P/33P
最大プレート
フォーマット
(well)
1536 1536 1536 1536 1536 384 384 96
基質 ビオチン化タンパク質/
ペプチド
GST融合タンパク質/
ペプチド
N/A(内在性タンパク質) ビオチン化ペプチド 蛍光標識ペプチド プレート上に捕捉出来るもの プレート上に捕捉出来るもの フィルターで捕捉出来るもの
リン酸化部位
特異的抗体
不要 必要 必要
(キットに付属)
必要 必要 必要 不要 不要
ATPの濃度の
制限
あり なし N/A なし なし なし あり あり
測定装置 EnVision
EnSpire
EnVision
ARVO
ViewLux
EnVision
ARVO
ViewLux
TopCount
MicroBeta2/LumiJET
ViewLux
TriCarb
TopCount
MicroBeta2/LumiJET

Antibody free /Antibody based / Cell based / LANCE / LANCE Ultra / DELFIA / FlashPlate