リガンド-レセプターバインディングアッセイ | Gタンパク質共役型レセプター - PerkinElmer Japan

リガンド-レセプターバインディングアッセイ

パーキンエルマーはGPCRリガンド-バインディングアッセイで用いる細胞膜調製物や標識リガンドなどの試薬からFlashPlateなどのアッセイシステムやフィルタープレートなどの消耗品、さらにそれを検出するための測定機にいたるまで幅広い商品群でサポートします。

リガンド-レセプターバインディングアッセイプラットフォーム

  DELFIA SPA FlashPlate/Cytostar-T フィルトレーション
アッセイ
Mix & Measure No Yes Yes No
Non-RI Yes No No No
プレートフォーマット 96/384 96/384 96/384 96
スループット(8時間の処理ウェル数) > 40,000 > 20,000 > 20,000 > 15,000
測定装置 ARVO
EnVision
ViewLux
TopCount
MicroBeta2/LumiJET
TopCount
MicroBeta2/LumiJET
TopCount
MicroBeta2/LumiJET

関連情報

 

DELFIA 時間分解蛍光テクノロジー

DELFIA(Dissociation Enhancement Lanthanide Fluorescence ImmunoAssay)は、ランタニドキレートの特徴的な蛍光特性を利用した時間分解蛍光アッセイテクノロジーです。時間分解蛍光測定を行うことにより、一般的な蛍光アッセイよりもはるかに高い感度を得ることができます。
DELFIAテクノロジーを用いたレセプターバインディングアッセイは、RIリガンドを用いた伝統的なレセプター-リガンドバインディングアッセイに替わるNon-RI手法として確立しています。DELFIAバインディングアッセイでは低蛍光バックグラウンドのフィルタープレートAcroWell FilterPlateを用います。
DELFIAの測定には時間分解蛍光(Time Resolved Fluorescence:TRF)測定機能を備えた装置が必要です。

参考資料

 

WGA SPA シンチレーションビーズ

WGA SPA ビーズは、GPCR-ラジオリガンドバインディングアッセイをハイスループットで行うためにデザインされたシンチレーションプロキシミティアッセイビーズです。WGA SPA ビーズは、非特異的結合が最小限に抑えられるよう親水性のコーティングが施されたポリスチレン核のビーズで、ビーズ表面には細胞膜を吸着させるための WGA(Wheat Germ Agglutinin)が結合しています。
GPCR バインディングアッセイでは、ビーズに吸着した細胞膜上のレセプターにラジオリガンドが結合すると、ビーズのシンチレータが活性化されて青色の光を生じます。測定は TopCount あるいは MicroBeta 液体シンチレーション/ルミネッセンスプレートカウンターで行います。

 

FlashPlate®/Cytostar-Tマイクロプレート

96 あるいは 384 ウェルフォーマットの Scintillation Proximity Assay (SPA) マイクロプレートです。各ウェルは薄層のプラスティックシンチラントでコーティングされており、液体シンチレーションカクテルを加えることなく各種アイソトープ( 125I / 3H / 35S / 33P / 14C )の検出が可能です。ホモジニアスアッセイが可能なほか、必要であれば洗浄することもできます。プレート表面にはストレプトアビジンや抗体など様々なコーティングを施すことが可能で、レセプターバインディングアッセイでは WGA コートしたものを使用します。

 

参考資料

 

標識リガンド一覧