AlphaLISA HLA-DRA/LAG-3 binding kit - PerkinElmer Japan

AlphaLISA HLA-DRA/LAG-3 binding kit

ヒト白血球抗原(HLA)は、MHC(主要組織適合抗原)クラスII細胞表面受容体です。HLA DRAは、D関連抗原HLAクラスII(HLA-DR) α鎖パラログの一つです。このクラスII分子は、膜に固定されたαとβ鎖から構成されるヘテロダイマーです。細胞外タンパク質に由来するペプチドを提示することにより免疫システムにおいて中心的な役割を担います。CD223としても知られるリンパ球活性化遺伝子3(LAG-3)は、免疫グロブリンスーパーファミリーのメンバーです。LAG-3はMHCクラスIIと高いアフィニティで結合し、T細胞受容体シグナリングの負の調節をします。ホモダイマLAG-3/Igフュージョンタンパク質とMHCクラスIIとの結合は未成熟樹状細胞の成熟やサイトカインの分泌を誘導します。LAG-3の欠損は抗がん免疫反応を促進し、自己耐性を防ぎ、自己免疫疾患への罹患率を増加させます。その強い抑制性から、HLA-DRとLAG-3の結合阻害は、ヒト自己免疫疾患や癌の有望な治療標的と考えられています。

 

ビオチン化とEGFR-Fcが結合します。ストレプトアビジンドナービーズとanti-human AlphaLISAアクセプタービーズが各分子に結合し、ビーズ同士が近接。励起光照射(680 nm)によりシグナル(615 nm)が検出されます。

 

 

 

 

製品名
パッケージ 製品コード
AlphaLISA HLA-DRA/LAG-3 binding kit
500 assay points*
5,000 assay points*
AL3066C
AL3066F
*1 assay pointsは、推奨の試薬量で使用した場合の1ウェル分に相当します。