Flashルシフェラーゼアッセイ - PerkinElmer Japan


Sensilite
フラッシュタイプルシフェラーゼアッセイキット

ホタルルシフェラーゼの定量を高感度に行います。

マイクロプレートで培養した動物細胞に、Passive Lysis Bufferを加え、振盪して細胞を溶解させます。ディスペンサーの付属した発光プレートリーダーを使用し、ホタルルシフェラーゼ基質を添加して、ホタルルシフェラーゼレポーターを測定します(図1)。


図1: Sensiliteアッセイ手順

10–20 moles以下のルシフェラーゼを測定でき、酵素濃度に依存した直線性も得られます(図2)。


図2: Sensiliteの直線範囲

 

特長


図3: Sensilite基質の22 ℃における安定性
  • Flashタイプアッセイのため、高感度化が望めます。(ルシフェラーゼ 10–20 moles)
  • 常温輸送・4℃保存
  • 溶解後の基質が安定で、22 ℃保存でも数日間は安定です(図3)。
  • 細胞溶解液中におけるルシフェラーゼが安定しています。細胞溶解後、22 ℃で6 時間経過してもルシフェラーゼ活性が90 %以上残存しています。
  • DTTが含まれません。

 

製品名 品番 数量 出荷温度 保存温度
sensilite Enhanced Flash Luminescence (Firefly Luciferase)
Reporter Gene Assay System

6066726
100 assay
常温 +4 ℃
6066729
1000 assay
Passive Lysis Solution (PLS) 1X,
6016802
100 mL

キット内容

  • 1 x Passive Lysis Solution (PLS)
  • sensilite Reconstitution Buffer
  • sensilite Lyophilized Substrate