AlphaLISA Human EGF/EGFR kit - PerkinElmer Japan

AlphaLISA Human EGF/EGFR kit

上皮成長因子受容体(EGFR, Her1, ErbB1)は、細胞表面に存在する134kDaの受容体で、4つのチロシンキナーゼ受容体サブファミリー(erbB1, erbB2, erbB3, and erbB4)のメンバーです。EGFRは上皮成長因子(EGF)と呼ばれるタンパク質ファミリーと結合し、受容体の二量体形成が誘導、シグナル伝達を惹起し細胞の生存および増殖を促進します。その変異はEGFおよびEGFRの異常な過剰発現を引き起こし、非小細胞肺癌や大腸癌のような多くの異なる癌と関連しています。近年では、EGF/EGFRを標的とした癌治療薬の開発が行われています。
本キットは、ヒトEGFとEGFRの結合活性を検出するためにデザインされたキットです。

 

原理

ビオチン化ヒトEGFとEGFR-Fcが結合します。ストレプトアビジンドナービーズとanti-human AlphaLISAアクセプタービーズが各分子に結合し、ビーズ同士が近接。励起光照射(680 nm)によりシグナル(615 nm)が検出されます。

 

 

 

 

アッセイデータ​
  • EGFのEGFRに対する結合曲線(3.125 nM EGFR存在下)



  • キットパフォーマンス
    S/B=947(average) using 5nM PD-1
    Kd= 1.7nM(average) using 5nM PD-1


  • EGF/EGFR結合阻害試験

    EGF(3.5 nM)およびEGFR(3.5 nM)の存在下において、抗ヒトEGFR抗体(緑:AF231)または抗ヒトEGFR抗体(青:MAB235)を反応。EGF/EGFRの結合が阻害されシグナルが減少、それぞれ3.9 µg/mLまたは2.2 µg/MLのIC50を示した。

 

製品名
パッケージ 製品コード
AlphaLISA Human EGF and EGFR binding Kit
100 assay points*
500 assay points*
5,000 assay points*
AL366HV
AL366C
AL366F
*1 assay pointsは、推奨の試薬量で使用した場合の1ウェル分に相当します。