AlphaLISA - Bovine IgM Immunoassay kit - PerkinElmer Japan

Bovine IgM Immunoassay kit

哺乳類の免疫グロブリンは、IgA, IgD, IgE, IgM, IgGの5つのクラスに分類されます。IgGは最も多量に存在するイムノグロブリンで、血液や組織中に分布しています。ウシでは、IgGはさらに2つのクラス,IgG1とIgG2,に分かれています。免疫グロブリンの一般的な構造は4つのポリペプチド鎖、2つの重鎖と2つの軽鎖から構成されています。重鎖と軽鎖がジスフィルド結合によって相互に連鎖し、4量体を形成しています。ウシIgMは、最も大きな抗体アイソタイプ(900kDa)で、初期の抗原への暴露に対し最初に分泌されます。IgMは主に脾臓B細胞で産生されます。分子サイズが大きいため、IgMは一般的に血清に存在します。ウシ血清および血漿中には一般的に0.6-4.3 mg/mLのIgMが存在します。
このキットは、ウシ血清・血漿中のウシIgMを定量するためにデザインされたキットです。

 

測定感度・範囲

Lower Detection Limit (LDL) in assay buffer: 0.41 ng/mL
Lower Limit of Quantification (LLOQ) in assay buffer: 1.47 ng/mL
Dynamic range in assay buffer: 0.45 - 10000 ng/mL

 

キット内容物
  • AlphaLISA Acceptor beads coated with Anti-Analyte Antibody 1
  • Streptavidin-coated Donor beads
  • Biotinylated Anti-Analyte Antibody 2
  • Lyophilized analyte
  • AlphaLISA Bovine immunoassay buffer (10X)

*Lyophilized analyte および Buffer は別途購入も可能です。

製品名 パッケージ 製品コード
AlphaLISA Bovine IgM immunoassay kit 100 assay points*
500 assay points*
5,000 assay points*
AL533HV
AL533C
AL533F
Bovine IgM, lyophylized 10 µg AL533S

* 1 assay pointsは、推奨の試薬量で使用した場合の1ウェル分に相当します。